絵から

外国語も音から?

ふだんから「ことばは文字ではない」と言っておきながら、
わたし自身まだ「ことばは文字」の呪縛から逃れていないようです。

でも、きのう東京都大田区の羽田図書館で開かれた「たどくクラブ羽田」で、
たまたま3人の体験談がどれも音から出発の Tadoku 報告だったので、驚きました。

驚くということは「音から」という入り口をわたし自身が納得していないのかも!?

続きを読む

Bitesize Writing 「好きな絵本で・・・」 届きました!

ある人が Oxford Owl の無料絵本を Bitesize=1 で語ってくれました。

本の題名は The Library。よくよく絵を見るといろいろ仕掛けのある楽しい本です。

https://www.oxfordowl.co.uk/api/courses/27/digital_books/1414.html

なお、本の中を見るには登録してログインします。
そのやり方はモーリンさんのブログを参考にしてください。
* モーリンさんの「気ままな多読翁」ブログ
Oxford Owl のサイトは登録が必要ですが、なんと古い仲間のモーリンさんが
つい最近、ブログで登録の仕方を丁寧に紹介しています。このページ・・・

https://kimama-tadoku.blogspot.jp/2017/09/oxfordowl-ort.html

続きを読む

Tadoku新サイト:新ページが開いた! 絵と音が大事!!

これも 多読 から Tadoku へ変わった一つの大きな理由ですね。

そしてこれもわかりにくくないこともないような気がしないでもない。
まだほとんどの人にとって、外国語は文字であり、本ですからね。
でも、新しい「絵と音が大事」のページはことばが生まれる背景の大事さを
スパッと明らかにしています。

http://tadoku.org/english/power-of-images-and-sounds/