多読三原則

Tadoku新サイト:新ページ! 多読三原則の2番目!!

多読三原則の2番目が新サイトに追加されました。

多読三原則の2番目も賛否の分かれる原則です。
代表的な疑問は、

「分からないところを飛ばしていたらいつまでたってもわからないはず!」

でも新ページで、とてもはっきりわかりやすく説明してあります。
その上、多読をやって手応えを感じた人の第二原則体験談が並んでいる!

わたしの言い方では・・・

「だってこどもはどんどん飛ばして、どんどん読めるようになっていく」

ま、何はともあれ、クリックしてすっきり、はっきり、明快な説明を読んでください!

Q: わからないところを飛ばしていて、本当にわかるようになりますか?

Tadoku三原則(仮) について -- きのこさんと肚裡さんと・・・

現在 Tadoku三原則(仮)についての議論はブログとフォーラムのあちこちで
並行して進んでいます。近いうちに整理したいと考えていますが、
きょうは最近の大事な投稿二つへリンクを貼っておきます。

一つはきのこさんの提案-- Fun, Friends, Free という見事なモットー!

そしてもう一つは肚裡さんの 多読 から Tadoku への変化に関する考察!!
プラスkatobushiさんの卓見。

どれもこれからできるはずの Tadoku三原則(仮)に大きく貢献してくれそうです。
お三方に感謝!

木場さん、おめでとう! 東京新聞教育賞受賞!!

受賞のことは木場さんから連絡があって、東京新聞で発表される前に知っていましたが、
今回木場さんの応募論文については、なんと南カリフォルニア大学のKさん経由で知りました!

すごい世の中になったものです。

受賞論文は ここ で読めます。
K さんは日本語の先生ですが、多読についてとてもよく分かると感心して、
日本語の先生のFacebookページにこのURLを紹介してくださったのです。
わたしの感想を付け加えると、いつも木場さんがなさっている数々の工夫が
木場さんの生徒への愛を伝えて受賞に結びついたのではないかと思いました。
工夫の一部はこの論文でちらっと見ることができます。

木場さんはもちろん K さんも、ありがとう!!!