多読の仲間

町の名前をひとつ-- 英訳されました! そして驚いた・・・

「広島市現代美術館で「町の名前をひとつ」という展覧会 が開かれていることは
すでにお知らせしました。

その続報の中で、「町の名前をひとつ」の元になった詩を紹介したところ、
さっそく「ある人」が英語に訳してくれました。

次に紹介します。見事な Bitesize Writing です。読みやすいです・・・

続きを読む

朋在り遠方より来たる亦楽しからずや トオルさんのメールを再掲

いまある必要があって、過去のブログを読んでいました。
(いいことがいっぱい書いてある! 自画自賛ですが・・・)
そうしたら、2009年にSSS掲示板時代の仲間トオルさんが
ご自分の赤ちゃんを観察して寄せてくれたメールの引用が見つかりました。

あれ、あれ、トオルさんはもうそのときに

「やさしいものをたくさん」よりも「すきなものをたくさん」

と言っている!

このリンク先を呼んでください。
参った、参った、10年近く前にもうこんな大事なヒントが出ていた・・・

わたしの物忘れのせいもあるでしょう。
毎週毎週刺激的なことが起きるので、どんどん忘れていくせいもあるでしょう。
こうして思い出したことを近いうちにまた忘れるかもしれません。

けれども大事なことは何度忘れても、何度でも思い出して、
こうして知らせていきます。

トオルさん、ありがとう!

福岡オフ会報告: 必見! 魅力的な情報がいっぱい!!

10月14日に福岡オフ会に参加しました。
もうそれこそ古い仲間たち、なんだか多読は不滅みたいな気さえしてくる。
新しい仲間もいました。東京から移った人、まったく新たに参加した人・・・
その多様さも、不滅神話をいよいよ不滅にする!?

オフ会はどこも同じですね! 楽しんでいるものをなんでも持ち込んで、

(本じゃなくてもちっともかまわない!)
みんなでわいわいガヤガヤ何倍も楽しみます。
あまりに楽しかったし、興味を惹かれたので、
Skypeおしゃべり会やたどくらぶの報告をまねて、
上った話題を報告してもらったので、一挙に並べます。

長いです。でも、どこのオフ会も同じですが、珠玉の情報が詰まっている!

その報告を書きました。楽しそうな様子も分かります。

http://forum.tadoku.org/viewtopic.php?f=9&t=3138&p=17147#p17147

AMINOさんの中発見!

大発見まではいかないと決めたのはわたし自身です。
けれどもこれは中発見にじゅうぶん値しますね。
みなさんの活用次第では大発見に化けるかも!?

ふるーい仲間のAMINOさんがこうツイートしたのです。

児童書の名作「HOOT」を十何年振りに再読中なんだが面白い!
昔よりずっと理解して読めているだろうな。
多読の初心者の頃、勧められて読んだ本は傑作ばかり!
再読しない手はない。
来年にかけてのテーマにしよう!

そういえばそうだ・・・
多読は入門のころからずーっと読む本は傑作ばかり並んでいます。
初期には Heidi や Fly Away Home などが話題になって、
その後 Oxford Reading Tree が加わって、
さらに Magic Tree House が発見されたあたりで大爆発が始まって、
Marvin Redpost や Zack Files が見つかり、Holes で湧き、
Harry Potter が神のごとく崇められ、すね者は「夏の扉」に向かったりしたのだった・・・

いや、もちろん Carl Hiaasen や Michael Morpurgo や Kate Dicamillo もいれば、
最近では Neil Gaiman や Philip Pullman もいる--ぜひ昔読んだ本を
再読してくださいな。そして、「こんなにも深かったのか!」という驚きを
味わってください。そして、何か感想があったらわたしに連絡を!

AMINOさんが来年にかけての「テーマ」にしようというくらいだから、
これは古手の多読仲間はみんないつかの機会に「かつての人気本」の再読をしましょう!
新たな感動があるかもしれない! AMINOさん、ありがとう!!

さかい@多言語多読の連絡先は・・・

*Twitter: @kunisakai
*Facebook: 酒井邦秀
*メール:
tadokuorgあっとまあくgmail.com (NPO多言語多読事務局宛て)
sakaikunihideアトマアクgmail.com (さかい個人宛て)
*LINE: さかい@多言語多読

広島市で展覧会--「町の名前をひとつ」

うれしいですね。このブログの名前をお貸ししました。
広島市現代美術館の展覧会 今週末から3ヶ月あまり・・・

町の名前をひとつポスター

 

 

 

 

 

担当したのはふるーくからの多読仲間
(と言っていいんだろうなあ)
なにしろとんでもない破格破調の多読をやった人で、
その人がいつのまにかだれもが憧れる(?)学芸員になっていた!

続きを読む