劇薬シャドーイング

11月26日各務原市でシャドーイング講座+ワークショップ

すでに何度も書きましたが、2002年に実質的に始まった多読はその後
15年近くかかって文字だけでなく音を含めた Tadoku へと進化しました。
今回の 各務原市で開かれるシャドーイング講座 は、
NPO多言語多読の外で開かれる最初の講座です。
(滝本さん、お招きありがとう!)
いわば文字から音へ広がる最初の一里塚とも言えます。
15年の間に文字についてたくさんの鱗がわたしの目から落ちましたが、
音についても同じくらいたくさんの鱗が目から落ちました。
そして15年前には考えもしなかった新しい音が見えてきました。

いや、それは変? 新しい音が聞こえてきたのかな?
口から出てきたのかな? 耳から鱗が落ちた?
それはともかく、15年分の鱗の数々をこれからあちこちでお見せします。
いや、それは変? お聞かせしますかな?
ま、それはともかく、これまでの多読講演会+ワークショップに加えて、
シャドーイング講演会+ワークショップの実質的な第一回です。

期待と不安とともに、参加を呼びかけます。See you in 各務原!

11月26日(日)岐阜県各務原市にてシャドーイング講座!

「ぐちゃぐちゃ英語の方が気持ちいい!」

Tadoku三原則(仮)の提案以来、続々と意見が寄せられています。
実にうれしいです。そしてナッツボンさんからこんな報告も・・・

水曜日のNPO多言語多読の講座生で、いまは仕事が忙しくてブッククラブ会員になっていますが、
劇薬シャドーイングがすっかり気に入った人がいて、その人によると、英語のシャドーイングは
「分かってしまうのでおもしろくない」とか。すごい人がいるものです。

続きを読む

シャドーイング特別セミナーに感想が寄せられました。

多読普及を始めてから15年近く経ちますが、毎週のように驚くことが起きる頻度は
まったく変わっていません。要するに多読もTadokuも新しい、まっさらな「分野」なので、
知られていないことばかりだからでしょう。わくわく、どきどきの興奮状態が15年続いて
いるようなものです。

今回は先週の日曜日1月31日のシャドーイング特別セミナーに参加したKさんの
感想を紹介しながら、最新の驚きを記録しておきます。

続きを読む