仲間

Bitesize Speaking: 簡単な予告です・・・

1週間前にフォーラムで Bitesize Speaking の予告をしました。
ブログでも知らせようと思っていて、遅くなりました!

Bitesize Writing はそのまま Bitesize Speaking につながります。

きょう、NPO多言語多読の講座卒業生のSkypeおしゃべり会で、
驚くことがあったので、それを紹介して、いずれ始まる Bitesize
Speaking の予告にしようと思います。

続きを読む

☆☆☆ Tadoku新サイトの船出!☆☆☆ 「ことばの氷山」へ

Tadoku新サイトの提案する方向はどれも世の中を驚かせるはずですが、
文字の意味がこれまでよりも小さくなることは、おそらく日本の英語教育、
英語学習は予想もしなかったことだろうと思います。楽しみですね!

でも「をさなごのやうに」からはすぐに想像できることですよね。
こどもが音からことばを獲得するように、
新サイトでは「音」がとても大きな仕事を託されます。

それだけではありません。
もっと大事なことは、音を生み出す気持ちや考え、場面、物語、世界を
大切にします。つまり「ことばの氷山」をそっくりそのまま体に取り入れる方向です。

そのための素材集もすでに公開の用意ができています。
みなさんの力を借りて、もっともっと充実させたいと考えているので、
どうぞよろしくお願いします!

☆☆☆ Tadoku新サイトの船出!☆☆☆ 「をさなごのやうに」

5月5日に公開される Tadoku新サイト の大きな方向は「をさなごのやうに」だと
わたしは考えています。「をさなごのやうに」を一言で言えば、「赤ん坊に戻って」
というすすめです。おとなが赤ん坊に戻らなければいけないなんて・・・
その具体的な内容は、少しずつ公開される新しいページに書かれています。
それをみなさんといっしょに見ながらわたしの意見や感想を言うことにしましょう。

新サイトは前回の記事で書いたように、わたしが作ったものではありません。
「をさなごのやうに」を方向として提案したわけでもありません。
けれども新サイトを作っている人たちはNPO多言語多読やわたしの英語多読講座や、
ブログや、Twitterや、Facebookをつぶさに見てきて、
さいわいわたしの考えにおおむね賛同してくれたのでしょうね。
わたしが永年思い描いてきた「をさなごのやうに」の方向と新サイトの中身は
ほぼ一致しています。

しかも初めて多読・Tadokuに触れる人にわかりやすく、ということを
第一に考えてサイト作りをしてくれました。
新サイトは「をさなごのやうに」に形を与えてくれます。
その形に内容を盛るのはわたしの役目です。ドキドキ、ワクワクの公開間近!
加えて、わたしはちゃんと内容を語れるだろうか、というハラハラの日々・・・
どなた様もいろいろ楽しみにしてください!

字幕なし多観へ向けて・・・ 過去に見事な投稿があった!

いま、あしたの朝日カルチャーセンター横浜教室のパワーポイントを
作っているところです。

(好材料が山のようにあって、どれを選ぶか、うれしい悲鳴!
みなさんの知恵です。ありがとう!!)

で、あしたは使わないけれど、あしたの講座が好評で第2回があれば
使いたい、けれどもその前にみなさんにもう一度注目してもらおうと考えて、リンクを貼っておきます。

http://forum.tadoku.org/viewtopic.php?f=10&t=2039

Tsubasaさん、パピイさん、katobushiさん、モーリンさん、カエデさん、
eigo33さん、ジェミニさん、horimamaさん、MIKIさん、さざえちゃん、
Owlyさん、たんぽぽのわたげ、kawamoさん、ナナさん、
みなさん、ありがとう!

いや、長いトピックだった。でもね、全部おもしろい投稿なのです。
だからときどきこれはブログで採り上げて、「字幕なし多観」普及に
弾みをつけなきゃ、と思った次第。

また新たに報告したいことがあったら、みなさん、どんどんお願いします。
そのうち辞書を引かない多読が当たり前になったように(先進的な一部の人には)、字幕なし多観も当たり前になるといいな!

がんばるぞ!!

高校生の大きな成長 かたくりさんの教室から・・・

かたくりさんは古い友だちです。
初めて会ったときのことは今でも鮮明に覚えています。
西武線沿線の駅を出て児童英語の研究会に向かって歩き始めた
ところでした。15年近く前ではないだろうか? 不思議です。

で、かたくりさんは生徒と相談するけれども基本的には試験対策をしないという先進的な(?)方針を貫いています。なかなか親しみやすく読みやすいブログを作っていて、その中にいわば「多読支援の醍醐味はこれ!」という記事もあります・・・

続きを読む