一息サイズ

「親子多読への招待」特別セミナー

本当は親子とは限りません。保護者としたかったのですが、
うまくタイトルにならなくてこういう名前のセミナーになりました。

くわしくは

http://tadoku.org/seminar/2017/04/26/4587

に書いてありますが、その最初の部分を引用します。

いま、子どもたちが「英語の嵐」に襲われようとしています。
このセミナーは「世の中には流されたくない。
でも子どもには英語を身につけさせたい」と考える保護者向けです。
意味のない暗記や繰り返しではなく、物語を多読することで世界の豊かさに浸り、
わくわくドキドキしながら外国語を吸収する――そのために保護者のできること、できないことを考えます。

続きを読む

Bitesize Writing: 意外な成功!

NPO多言語多読の始めた Bitesize Writing はとてつもないライティングです。Bitesize=1 は 1語だけで

「1語を並べていくの、楽しいです♪
気軽で気楽。
日記をこれで書いてみようかな・・・。」

これはmogさんの感想。
mogさんは多読フォーラムで 1語ライティングを投稿しています。
その投稿は

http://forum.tadoku.org/viewtopic.php?f=72&t=2993&sid=8cc9e70e61504f4c0ca403e23bc2dc4a&view=unread#p15103

気軽で気楽--いいですね! うれしいな!!

でも、それだけではないのです・・・

続きを読む

Bitesize Writing: Bitesize ≦ 2 始まります!

くわしいことを書いて始めるはずでしたが、右肩を突き指して
右手がうまく使えません。左手だけではとても書きにくいので、
4月1日に「Bitesize=1」でしたから、4月11日に「Bitesize ≦2」を始める
お知らせを簡単にしたということに・・・
つまり次は4月22日に「Bitesize ≦3」を始めるはず?

さいわいすでに Bitesize ≦2 で flying start している人がいるので、
その人のメッセージを借りて、右手が使いにくい言い訳にしてしまいます。

church kindergarten
many cherries
pale pink
petals carpet
beautiful path
young mother
little child 
pick up
riding bicycle
joyful time

around behind
another world
after ww2
built church
based 陸軍戸山学校将校集会所
using slope
from kindergarten
can't see

in childhood
this area
called 戸山ハイツ
small wooden 
houses lined

quite different
stone  building
dark shade
very scary

みなさんもこんな具合にどうぞ・・・
Sさん、ありがとう!

Bitesize Writing: Enjoy making mistakes!

「躓いても転ぶだけ」--なんてうまいこと言うんだろう!
転んだらまた立ち上がればいいだけ・・・

それに何度も躓いて、何度も立ち上がるうちに、ちょっとずつ
躓かなくなり、転び方もうまくなり、立ち上がり方が早くなる!
そのことをみんなで、体で、納得できるように、NPO多言語多読が手伝います。

・・・というフォーラムの核心を書くことになったのは、
向かうところ敵なしで破竹の進撃を続けるきのこさんが次のような
メールをくださったから。

続きを読む

Bitesize Writing: 「書く」ことのハードル

きのこさんはまあ、不思議な人揃いのTado界でも異彩を放っている人ですが、
そのきのこさんにして、ある人にメールを書くのに10年かかった!

Bitesize Writing のフォーラムにどんどん投稿しているきのこさんは
企画力、行動力の並外れた人で、多治見市図書館のシンポジウムにただ一人
個人でポスター発表参加、高岡で多読講演会開催、地元の高校に多読働きかけ、
駅に多読カフェ企画などなど、何人分かと思うくらいの活躍を事も無げにしています。

そのきのこさんからまたまたすごい内容のメールが届きました。
米国の大学に Creative Writing の講座を受講に行く、というのです!

それはきのこさんならあるだろうと、わたしは思いました。
うまく行けるかどうかは別として、実現を祈っています。

わたしがきのこさんのメールを引用したいと思ったのは終わり近くの一文があったから。
そこは太字にしてあります・・・

続きを読む