チャーチル・マティーニの法則

11月26日各務原市でシャドーイング講座+ワークショップ

すでに何度も書きましたが、2002年に実質的に始まった多読はその後
15年近くかかって文字だけでなく音を含めた Tadoku へと進化しました。
今回の 各務原市で開かれるシャドーイング講座 は、
NPO多言語多読の外で開かれる最初の講座です。
(滝本さん、お招きありがとう!)
いわば文字から音へ広がる最初の一里塚とも言えます。
15年の間に文字についてたくさんの鱗がわたしの目から落ちましたが、
音についても同じくらいたくさんの鱗が目から落ちました。
そして15年前には考えもしなかった新しい音が見えてきました。

いや、それは変? 新しい音が聞こえてきたのかな?
口から出てきたのかな? 耳から鱗が落ちた?
それはともかく、15年分の鱗の数々をこれからあちこちでお見せします。
いや、それは変? お聞かせしますかな?
ま、それはともかく、これまでの多読講演会+ワークショップに加えて、
シャドーイング講演会+ワークショップの実質的な第一回です。

期待と不安とともに、参加を呼びかけます。See you in 各務原!

11月26日(日)岐阜県各務原市にてシャドーイング講座!

シャドーイング再考? 三考?

ことばの氷山 と bitesize の発見以来(だと思いますが)、
いろいろなことがつながって「ことばの獲得」全体が捉えやすくなってきた、
と感じています。

説明がわかりやすくなっているかどうかはまだ分かりません。
たとえば、決まり文句、音は落ちる、bitesize は、
シャドーイングでひとまとめに納得できるかも?

そこで「楽しく始められ、楽しいから続くシャドーイング」について何度目かの
普及活動を始めます。8月9日と28日に同じ内容で講演+ワークショップをやります。
どちらも東京ですが、東京以外でも開催したいと考えています。
地方の人はときどき http://tadoku.org を見ていてください。

8月の東京開催分の招待状を紹介します。

続きを読む

一口大研究 えいらいこっちゃメモ・・・

NPOの講座で一口大を推し進めているので、当然と言えば当然ですが、
わたし自身の一口大をたしかめなきゃいけないと思い、House M.D. を観ながら
(I always mix work with pleasure.)
聞こえてきたセリフを自分でも言えるかどうかたしかめるうちに、どんどんわたし
自身の音が自覚いていたよりもはるかに学校英語に侵されていることがわかって
きて、愕然としています。

たとえば、「子音のあとに母音が続いていない場合は、母音をくっつけないように
しましょう!」とそれこそ何十年も言ってきたけれども、母音のないところに
母音をくっつけて
いたのはわたし自身だった!
(だから聞こえてきたセリフを同じ速さで言えない。つっかえる・・・)

そして、文中のメリハリ、とくにメリつまり音が弱くなったり消えたりするところが、
まったく不徹底だった・・・!
(チャーチル・マティニの法則の重要さをはじめて知った、自分で言い出したのに・・・)

きょうはまだ多読セミナーから回復中なのでここまで・・・

#一口大メモ 子どもに一口大の配慮はいらない。一口大は子どもを手本にしたもの
こどもには多読三原則もいりません。多読三原則はこどもと同じ勝手気ままな読み方をおとながするためのものだから。

#一口大メモ 一口サイズのかたまりならどんなに速くも言える?
速く言えないようなら、それは一口サイズを超えているかもしれない?