Bitesize Writing: Book Summary からブックトークへ

きのうの Book Summary のある人から追加のメールが来ました。
最後の2行を付け忘れたとのこと。

あらためて全行を「続き」に貼り付けます。
さらにある人は感想を付けてくださって、
全体として Book Talk になっています。
この感想がまた良い!

続きを読む

まあ、なんていうかグーグルの検索なんか相手にしたくはないのだけれど・・・

そもそも「をさなごのやうに」って、旧かなにしたのはグーグルの検索で
引っかからないためでした。でも、Tadoku新サイトのエルフさんたちが
あんまり一生懸命やってくれるので、わたしも一緒に反響を楽しみにしていたのです・・・

それが、「多読」で検索したらNPO多言語多読のサイトが 1位と 2位なのですよ、
たった今は・・・

で、信じられなくて、たとえ一瞬のワンツー トップでも(あるいはだからこそ?)
記録しておこうかと・・・

なお、トップは広告のようです。検索ごとに違ったサイトが出てきます。

Image-1

続きを読む

Bitesize Writing: Bitesize Book Summary と呼ぶことにしよう!

おさないこどもはなんでもかんでも 1 語で済ませます。
それが2語になり3語になります。

「ある人」が Virginia Lee Burton さんの The Little House を
Bitesize=1~3 のsummaryにして送ってくれました。

有名ですが、知らない人もいるでしょうし、各ページを覚えている人は
そうはいないでしょうから、YouTubeで本の題名を入力して検索してください。

各ページを見ながら読むと実によくことばを選んであります!

続きを読む

Bitesize Writing 「好きな絵本で・・・」 届きました!

ある人が Oxford Owl の無料絵本を Bitesize=1 で語ってくれました。

本の題名は The Library。よくよく絵を見るといろいろ仕掛けのある楽しい本です。

https://www.oxfordowl.co.uk/api/courses/27/digital_books/1414.html

なお、本の中を見るには登録してログインします。
そのやり方はモーリンさんのブログを参考にしてください。
* モーリンさんの「気ままな多読翁」ブログ
Oxford Owl のサイトは登録が必要ですが、なんと古い仲間のモーリンさんが
つい最近、ブログで登録の仕方を丁寧に紹介しています。このページ・・・

https://kimama-tadoku.blogspot.jp/2017/09/oxfordowl-ort.html

続きを読む

Bitesize Writing 次の段階へ

Bitesize Writing はシャドーイングよりも不評かもしれませんね。
でも、うまく行った例があって、それはわたしの外国語獲得の想定に
うまく合致しているので、このまま次の段階へ進みます。

これまでは、「ある人」の Bitesize Book Talk を「手本」に、
(いわば補助輪つきで)
Bitesize=1 から 3 までの Bitesize Book Talk を
ためしてもらいました。

いよいよそれぞれ補助輪を外して、絵本の Book Talk をやってもらいます。
その手引きというか、ガイドラインを Tadoku forums に投稿しました。
参考にしてください!

「Bitesize Writing 好きな絵本でどうぞ!」

楽しみ!