多読的鑑賞

外国語も音から? 熱い感想と大きなヒント!

でもその前にある児童英語教室の先生からの感想を紹介します。
その人によれば「児童英語では音からは当然のことと思っていた」と。

そうですね、たしかに。
をさなごのやうになどと言いながら、大事なところを忘れてました。

でも、おとなにはほとんどの場合「音から」を強調しなければいけない。そこで一つ前の記事を書いたわけですが、それを読んだ「ある人」からとても興味深いお便りが届きました。

お許しをいただいたので全文を引用します・・・

続きを読む

Tadoku 新サイト: Q&A 【初級編】 「わからない」シリーズ! その③

Q: わからないところはどのくらい飛ばして読んでもいいのでしょうか?

Tadoku の天球を宇宙から見ると、三つの大きな柱に支えられています。
ちょうどギリシャ神話の天球を支える三本の柱のようです。

大きく出たものですが、
「Tadoku三原則」、「大量のとっつきやすい素材」、「仲間」
はそれくらい大きな存在だという喩えだと受け取ってください。
その三原則の中でもいちばん大事な二番目が今回の新サイトで更新されました・・・

そうなんです。多読三原則として2002年に提案以来ずっと

三つ並べて紹介してきましたが、かつてSSSの掲示板で杏樹さんが喝破したように、二番目がいちばん大事なのです。

一番目「辞書は捨てる」も、三番目「合わないと思ったら投げる」も、
実は二番目の言い換えにすぎないと言えます。
「わからないところは飛ばす」は多読の極意?

でも、さすが極意ですね。なかなかわかりにくい。
そこでこれまでにないほど読みやすく紹介して、
そこへ飛ばし読み体験談をくっつけた--その心は・・・

A: 読んでいて「おもしろい」と感じている限りは、どれだけ飛ばしても構いません。

これでもそうわかりやすくかどうか・・・ そこで、体験談をどうぞ!

Tadoku新サイト: 「字幕なし多観」の入り口が壮観!

きのう「Tadoku は字幕なし多観から始まる」と書きました。
きょう紹介するページは「字幕なし多観」を始める入り口一覧です。

Tadoku は「をさなごのやうに」ことばを獲得する道だとすると、
その道の入り口は こども向けアニメをたっぷり ということはわかりやすい。
でも、いったいどのアニメを? そこで、

こども向けアニメのページ 

には「厳選12選」、「人気18選」、
「おすすめ34選」と、全部で64本も並べてあって、
それぞれ多読仲間の簡単な解説がついています。

(64作は、新サイト制作委員会が90本のアニメを候補として見つけてきて、
多読仲間に観てもらって選びました。各解説の最後に名前のある人たちです。
この選び方も「Tadoku の三本柱」の ③仲間といっしょに そのまま!)

解説を頼りに一つずつ観ていって、好きなアニメが見つかったら
飽きるまで YouTube で楽しみましょう。
たとえばわたしの好きな Peppa Pig なら冒頭の I’m Peppa Pig.
And this is my brother George. はすぐに耳につくでしょう。
George が言えるただ一つことば Dinosaur! もすぐに言えるようになります。

このページもとてもよく考えて作られています。
こども向けアニメはどうしてもいやだ、という人はどうするか?
このページの真ん中あたりに大人向けの映画やドラマで字幕なし多観を
楽しむようになった人たちの体験談へのリンクがあります。
きのうも紹介した「体験者の声」 です。
もし「こども向けアニメ」と「好きな映画やドラマ」を並行して
字幕なしで楽しめたら、音声英語への距離はぐっと縮まる・・・

入り口はいろいろですが、どなた様も Happy viewing!