5月25日第14回「多読のためのリライト講座」報告!

Exif_JPEG_PICTURE

遅くなりましたが、5月25日(日曜日)リライト講座の報告です。

海外の大学が夏休みなので、参加7名のうち4名がアメリカとシンガポールから。海外での「多読」への関心が高まってきたのか、この時期、多読クラス見学も多くなります。特にアメリカでは、多読クラス設置に努力されている先生がいらっしゃって、うれしい限りです。日本組の3人は、大学の先生と学生さん。

みなさん、活発で明るく、講座が始まる前から話に花が咲いて実に楽しく講座が始まりました。すでに何らかの形で多読をとりいれている方が多かったため、最初から、どんどん具体的な質問が出ました。

Exif_JPEG_PICTURE

★多読時間って教師は何もしていないように見える、お金を貰って何もしなくていい?
★学習者はなかなか1人では読まない。クラブやサロンだと、定着しない。どうしたらいいのか。
★よむよむ文庫と多読ブックスだけでは、行き詰る。
★学習者がルールに疑問を持ったとき、どうするか。
★多読授業の評価はテストなしだから、みんないい成績になる。周囲からそんなにいい成績をみんながとれるような授業は駄目だと言われる。他の言語との兼ね合い。クラスの成績分布に添わない。

多読体験は、短時間ですが、スペイン語の読みものも取り入れてやってみました。

午後はいよいよリライト体験。
題材は、イソップ「ウサギとカメ」(レベル0または1)

二つのグループは絵といっしょに物語全体を構成していきながらテキストを決めていきました。絵も楽しくどんどん進みます。が、ひとつのグループは、元のテキストの文をひとつずつリライトしてしまったようでした。そこで、まず全体を読んで、どうしたいかを考えてから絵とともにテキストを決めていくよう再度助言。ああ、そういうことなんだ、いちいちリライトしなくていいんだと納得してからはすらすら進みました。

Exif_JPEG_PICTURE

絵のお上手な先生が、毎回必ずいて・・・。

Exif_JPEG_PICTURE

あーだ、こーだと白熱する話し合い・・・。

Exif_JPEG_PICTURE

楽しい発表会。さすが、みなさん読み方にも説得力があります。

たくさんの意見交換ができた講座でした。そして、なんと時間中に、facebookの「日本語多読」グループが立ち上がりました! 多読に関心のある先生方、どうぞご参加下さい!
(川本)

5月29日 木曜多読講座(英語)の報告です!

だんだん、みなさんが英語を話している時間が長くなってきました。
第一、講座が始まる前にもう世間話(ST=small talk)を受講生同士で始めている!

それに今週の新工夫①です。みなさん揃ったところで、ファシリテーターを決めて、
英語による読書相談を受講生同士でやってもらいました。
ファシリテーターを開講当初から参加している人たちにお願いしました。
1年半近くわたしと一対一で読書相談をやってきたので、
古い人たちはたいていの質問は覚えています。

(これは「話す・書く中心クラス」の4つのテーマのうち、
「生徒同士で伸びていく」を実行しているわけですね。)

新工夫の②は 1-Sentence Book Talk とでも呼ぶべきもの。
それもできるだけ短い文で、と先週伝えました。
準備してきた人は連絡の都合から二人だけでしたが、よい見本になってくれました。
Yさんの文はどれも短くて、一口サイズ。(これもこの講座の一つの目標)
Frtさんの文は少し長めだったので、短く切ったり、ちょっと表現を簡単にして、
言いやすい長さにする提案をしました。たとえば because の入った文は
because の前後で分けてしまって、because はなしに・・・
そうすると少し文の意味が分かりにくくなることがありますが、
まずは言いやすい「一口大」を優先します。これからが楽しみ!

言いやすい「一口大」を意識して、Fjkさんは Cat Traps を読み聞かせ。
pig -big, duck – luck, fish – swish などの音遊びを十分意識して、
おバカな猫を演じました。みなさん大喜び。
この本はリズムと、音と、一口大と、三拍子揃った評判の読み聞かせ素材です。

Oさんは、I can cure those hiccups. の cure で引っかかりました。
そこからリズムはメリハリで作られること、メリの部分では思い切って手抜きを
してくださいと言いました。すなわち 手抜きはきっちりと!
上の文なら、I can を弱くして、cure をめざして話し始めると、引っかかりにくいはず。
というわけで、一口サイズとリズムと音が一緒になった楽しい絵本を
集めることにしました。いつか公開します。楽しみに!

ああ、また長くなるので、一気に終わりますが、講座の最後に、
一口サイズで書き始めるために、メーリング・リストで互いに英語・日本語まじりの
メールをやりとりすることを発表しました。

内容は book talk でも、small talk でも、論説でもなんでもどうぞ、
ただし、以下の厳しい制限を守ってください。
-- メール一通にかける時間は5分以内!
-- 語数は200語以内!
-- 一口サイズのできるだけ短い文で!
-- 何人も他の人の英文を添削してはならない!
-- 英語・日本語まじり、お構いなし!

また、メーリングリストの一般的な約束として、
「思いやり」 を忘れずに!

始まるのは来週になりそうですが、いよいよ一口サイズの話し言葉で書くことも
始まるわけです。さあ、どうなるか楽しみがいっぱい!

追伸
字幕なし多観の強制は続いています! みなさん、ほとんど慣れてきましたね。

5月26日(月)韓国語多読の会の報告

3月末から試験的に始めている韓国語多読の会ですが、少し絵本も増えて、本を楽しめる環境が少しずつ整ってきました。
みなさんで絵本の面白さ、楽しさを共有しつつ、韓国語へのブックトークへ発展していけたらいいなあと講師の渡辺さんはおっしゃっています。
興味のある方はぜひ! 6月は9日と23日です。
26日の会の様子をご覧ください。
http://naokorean.blog.fc2.com/blog-entry-211.html

5月24日(土)第8回総会

Exif_JPEG_PICTURE

本日は、NPO多言語多読事務所において第8回総会が開かれました。
出席者は少なかったのですが、委任状は欠席のほとんどの方から集まりました。質問、アドバイス、ご意見などたくさんいただけて大変有意義なひとときになりました。

Exif_JPEG_PICTURE

おかげさまで、多言語多読になって約2年、会員のみなさまやスタッフのがんばりによって順調に事業をこなすことができました。2014年度は、さらに事業実績を伸ばしつつ、安定した運営が続けられるような基盤を固める年となります。みなさま、どうぞご支援をよろしくお願いします。
近日中に法務局や東京都に事業報告その他を提出します。年次報告はこのサイトでも公開しますのでお待ちください。
(粟野)

 

水曜午前 英語多読講座(5/21)の報告です

同じ多読講座といっても、クラスのメンバーによって、また担当する講師によって、ずいぶんと雰囲気も異なるようです。

毎回あわただしく時間が過ぎていくように感じているのですが、補助に入ってくださっている藤原さんからは「ほんわかしたクラスですね~」と言われました。受講生のみなさんはどうでしょう?楽しく、穏やかなひとときを過ごしてもらえればいいなと願っています。

さて、前回の報告から時間がたち、その間、いろいろとうれしいことがありました。

ここへきて初めて読み聞かせに挑戦してくれた方。

ブックトークで熱く語ってくれるようになった方。

英語を使うことに挑戦するようになった方。(ご自宅で簡単な一言から始めたとのこと!)

字幕無し多観を楽しんでいる方。

別のところで、多読を熱く語ってくださった方。

シャドーイングの声が大きくなってきた方。

などなど。

多読はそれぞれのペースで進んでいきますが、その変化も楽しさもそれぞれです。それを講座のブックトークや読み聞かせや雑談でシェアできるのはうれしいことですね。まわりを気にせずに(評価されない!)、でもときに刺激を受けながら、楽しんでもらえたらと思います。わたしも共に成長できたらと願いつつ、毎回の講座を楽しんでいます。みなさん、ありがとうございます。

火曜午前の講座も近々、開講できそうです。どんなクラスになるのか、こちらも楽しみです。

NPOセンターまつり新宿2014に参加しました!

Exif_JPEG_PICTURE

5月18日、五月晴れの日曜日、NPOセンターまつりに参加しました。
このNPOセンターまつりは、新宿区内のNPOが参加する文化祭のような催しです。このセンターは廃校になった中学を利用して作られています。体育館では模擬店が、校庭ではフリーマーケット。室内ではいろいろなNPOが活動を紹介すべく、参加型イベントを行っていました。

わがNPO多言語多読は1階の部屋で1時から「ゼロから始める英語多読体験会」を行いました。1時前から準備開始。理事長が前夜即席で作った看板を「着て」お客さんを自ら呼び込みに回りました。

続きを読む

5月16日 金曜多読講座(英語)の報告!

Yさんがこのところ Heartland に捕まって、なんと乗馬を始めそうな勢い。
これはかつてSSSの時代にもSさんが乗馬を始めたのでした。
それで、Yさんは「グリーン・チャンネル」という放送で、月曜日から木曜日までかな?
あるいは金曜日までだったか、12時30分から14時10分まで、Heartlandの
テレビドラマを無料で見られると、みなさんのブックトークで知らせてくれました。

ブックトークはどうしてあんなに楽しく、読書意欲をそそるのでしょうね?
Skypeブックトークも毎回すばらしく盛り上がって、よくまあ、毎月これだけ話の
種があるものだと思います。まだ知らない人はぜひ
「ブックトークのSkypeおしゃべり会の開催ご案内」をご覧ください。
次回からは時間を調整して、英語と日本語両方の book talk、ブックトークを
やれるようにしようと考えています。

Kさんのブックトークは本ではなくて字幕なし多観。67時間半に達したそうで、
その楽しみ、悩みを語ってくれました。

4月以来の新入生増にともなうピンク・ラベル、赤ラベル大量購入の話は
水曜多読講座の報告で書きました。同じ新着本をこの日もみなさんに見てもらって、「一語ブックトーク」用の絵本を探してもらいました。

一つの場面を一語で表現する、ということになると、真剣に絵を見て、
物語をたしかめて、もう一度絵を見て、どこに注目して大事な一語を発するか、
思いがけずおもしろくて、みなさん真剣になりました。

そのため気の弱いわたしは「はい、そこまで。それじゃ、発表にはいりましょう」と
言い出せなくて、結局一語ブックトークだけで45分もかかりました。
そこで、水曜日と同じように、ピンクの絵本を3冊持って帰って、じっくり絵を見て、
ことばを選んで、練習してくることにしました。

これで大きく空くはずの時間は・・・ なんと・・・!

受講生同士のtadoku報告、読書相談に使うことに!!
テーブルごとにするか、全員一グループでやるかはその時次第。
これはもちろん「話す・書く中心クラス」の4大方針の第一項

※参加者同士で道を見つけていく

を目指すものですね。

何度も書きますが、ほかの方針は

※話し言葉で話す、話し言葉で書く
※すべて一口大から!
※やさしい英語の吸収はこれまで通り続ける

でも、みんなで話すと、同じ道を歩みたくなるかも知れません。
それは半ば警戒したいので、その後付け加わった、

※一人一人別々の道を見つける

この方針も大事にせねば・・・

最後に!

これはまだ水曜日も、金曜日も、どちらの受講生にも知らせていないのですが、
みなさんのRead-Aloud がとてもうまく行っているので、
いよいよ www.storylineonline.net の朗読を目標にすることにしました。
すごいですねえ! ほんとに、まあ・・・
というのは、一語book talk も、一口大の朗読も、音がしっかりしていないと
伝わりにくいということがわかったからです。一口大の朗読もそうですが、
一語book talk では特に、音がしっかり出ていたり、消えるべき音がしっかり
消えていないと、何のことか分からなくなります。みなさんから、「え?」という
質問の声がたくさん上がるようになったことで気がつきました。

大人向けペーパーバックから児童書、絵本へ、
長い文章の朗読から、一口大へ、一語へ・・・
結局わたしたちは、おさなごへ、おさなごへと時をさかのぼっているような気がします。

5月15日 木曜多読講座(英語)の報告!

まずは新しく購入したピンク・ラベルの本をどさっと各テーブルに置いて、
絵を見ながら one-word book talk の本を選んでもらいました。
その間に本の返却をコンピュータに記録しながら一人一人と英語で読書相談。

(バーコードで処理していますが、これはNPO多言語多読開始直前に
ボランティアのみなさんが1ヶ月通ってラベルなどの準備をしてくれたおかげ!
今回の新規購入分もボランティアのYさんがすばらしい早さで登録してくれました。
Yさん、ありがとう!)

で! 次回からは受講生の間で読書相談係を交代でやってもらいます!--これは「話す・書く中心クラス」の四つの方針・・・

※参加者同士で道を見つけていく
※話し言葉で話す、話し言葉で書く
※すべて一口大から!
※やさしい英語の吸収はこれまで通り続ける

・・・のうち、最初の項目ですね。
みなさん、わたしと英語の読書相談を何十回とやっているので、
それを思い出しながらうまく読書感想を引き出してくれるはず!
もし最初はうまくいかなくてもそのうち間違いなく聞き上手になるでしょう。

で、次は選んだ本のone-word book talk
--これは四つの方針の残り全部です。
絵本の各ページを一語ずつでbook talk してもらうと、みなさんの
集中力が違います。絵を食い入るように見つめて、どこに注目して
大事な一語を選ぶか、真剣そのものです。

30分かけて素冊選んで、その本を他の人に紹介しました。
いや実に頭を使いますね、一語を選ぶというのは--
みなさんの様子を見ていて、「やさしい英語の吸収」が非常な密度で
行われているという気がしました。

次に絵本の朗読で一口大をたしかめました。
ここで、ちょっと一工夫をしました。
英語に普段からたっぷり触れているFJさんに、
「話す・書く中心クラス」では新人のFRさんが朗読した本を
朗読してもらったのです。FJさんの朗読で、FJさんは刺激を受けたと
思います。これは今後もやります。
--四つの基本方針の第一項ですね。

ほかにもありますが、一つだけ・・・

みなさんにいっぱい書いてもらうために多読講座受講生が参加する
メーリング・リストを作ることにしました。発足は今月末になりますが、
そこでは二つの規則を守って投稿してもらいます。

*メールを書き始めて送信するまでの時間は5分間にする!
(気楽に投稿するためです。)
*5分間の最大文字数は 200字 とする!
(気楽に投稿するためです。)

で、守るべき付則がいくつか・・・

*間違えてもいい!*何人も添削すべからず!!!!!!
*返信を期待すべからず
*文はできるだけ短く--話したり、読み聞かせするときの一口大!

ああ、長くなりました・・・

追記
講座修了後に借りていく素材を選びますが、全員「字幕なし多観」用の
DVDを借りていくことを必須としています。

5月8日 木曜多読講座(英語)の報告!

4月から講座が増え、新入生がどっと増えたので、
ピンク・ラベルの絵本を増やしました。

でも、それはまず古い受講生に楽しんでもらいます。古い人たちは前からあるピンク・ラベルや赤ラベルの絵本はほとんど読んでいるからです。新着のピンク・ラベルを楽しんでもらって、
ことばの根に栄養を行き渡らせようという目論見!

でも、「話す・書く中心クラス」の場合、それだけではないのです。
今回の講座ではひとりひとりが自分のbite-sizeを確認するために、
新着本をどさっとテーブルの真ん中に置いて、それぞれ片端から手にとって、
静かな声で朗読してもらいました。

30分ほど朗読してから、ひとりひとり、これは読みやすかったという絵本を
みんなに読み聞かせてもらいました。これは「話す・書く中心クラス」の
目標の一つ「仲間と一緒に伸びていく」を地で行くことになりました。
たとえばOさんのえほんはbuttonsが大事だったのですが、それが
「バター」に聞こえたりして、Oさん自身の「音」について参考になったと
思います。

総じて、互いに朗読を聞いてもらうと、意見や感想だけでなく、
それぞれのページへの反応から、わたしたちはいろいろなことを
感得するように思われました。そこから「アンテナが立つ」ことになって、
今後聞き読みや字幕なし多観の時に、何かヒントを得られるのではないかと
想像しています。

その「字幕なし多観」では、50枚ほどのこども向けアニメや映画のDVDを
購入しました。「話す・書く中心クラス」では全面的に字幕なしを勧めて
いきます。成果をお楽しみに!

なお、すでに字幕なしで楽しく多読的鑑賞を始めた人の一部には
字幕なし多観シャドーイングを提案しました。
シャドーイングをしながらでは楽しめないという場合はシャドーイングは
勧めませんが、もし楽しめれば、学校英語の音を脱することが
加速されるのではないかと考えています。

最後に small talk の話題を一言。
ご夫婦でウォーキングを楽しむMさんが、連休中に小金井公園から
出発して、二日連続で20キロ、30キロのウォーキングを楽しまれたとか。
地図を広げて small talk をしてくれました。やはり、話したいことを話す、
書きたいことを書くのがいちばんですね。Mさん、とても楽しそうでした!

small talk の機が熟したことは間違いありません。
講座受講生で twitter か、Facebook かなあ・・・?
いずれみんなで書きたいことを書く仕掛けを作ります。
Skypeおしゃべり会もできるといいな!

4月24日木曜多読講座の報告!

いつもの一語book talkの前に、一人一人、最近はどんな本を選んで
借りるかを語ってもらいました。それぞれお気に入りのシリーズや
分野が違うので、活発な語らいになりました。

それもそのはず、「話す・書く中心クラス」の人たちは離陸している
人たちで、それは「自分で本を選べること」でもあるのですね。
これからは好きな作家を見つけてくださいと言いました。
離陸が終わって、いま成層圏をめざして上昇中だとすると、
好きな作家を見つけて読みふけることは高度1万メートルを超えて
水平飛行に入る原動力になるでしょうね。

一語book talkからはいつも通りでしたが、お気に入りの本の
book talk でちょっとした変化が・・・

Yさんの book talk が聞きやすかったのです。それはOさんのふと
洩らした感想でもあります。わたしも同じことに気がついて、
Yさんの book talk 中にYさんの口から出る一文の長さを数えました。

すると、だいたい4語から5語なのですね。
これはYさんが読み聞かせの時に気持ちよく(つっかえずに)
朗読できる一口サイズとおそらく同じくらいだと思われました。

そこでみなさんにその印象を伝えて、Bさん、Fさんにも、
一口サイズを意識してもらうことにしました。
次回は book talk 用に作ったメモを朗読して、つっかえるところ、
一息で言うのが苦しいところは、「加工する」(Fさんの発明した表現!)
ことになりました。

加工の仕方はおそらくいくつかあって、たとえば
ぶつっと文を切り分けてしまう、関係代名詞で一息入れる、
長い名詞は短くする(代名詞を使ったり、the … と言い換えたり?)
いろいろあるでしょうが、なにしろこれは今回の講座中に思いついた
即席の方針です。次回(5月7日)までにわたしはYさんのメモを検討して、
Bさんのメモを一口サイズで書き換えることになりました。

はたしてどうなるのか? わかりませんが、楽しみです。
一口サイズも、一語book talk も、思いつきです。
勘を頼りにしているだけです。でも、その分、楽しみも大きい。
(分かっていることなんかやったって、おもしろくない!)