4月2日 木曜多読講座の報告!

写真

新編成になって最初の水曜多読講座でした。
木曜日の午前10時半から昼12時半までです。

前回の最後に挙げた「話す・書く中心クラス」の4つの方針はこうでした。

※参加者同士で道を見つけていく
※話し言葉で話す、話し言葉で書く
※すべて一口大から!
※やさしい英語の吸収はこれまで通り続ける

それで、これに急遽二つの方針を付け加えました。

※一人一人別々の道を見つける
--
別々だけれども、みんなで見つける・・・ わっかるかなあ?
※さかいは声を張り上げないこと。落ち着いて
--
もうこの5年くらいこれを新年の決意にしていますが、
--4月まで覚えていたというのは今年がはじめて!

で、そのあとに実は大がかりなイベントを考えていましたが、
朝になって、それはやめにすることにして、
前回までとほぼ同じ手順で進みました。
字幕なし多観から読み聞かせ、そしてブックトークまたは book talk。
その間に一人一人の読書相談。

今回はBさんのbook talk ノートをお見せしましょう。

写真

いえいえ、くわしく読んでくださいというのではありません。
こんな風にメモを作ってきて、それで英語でbook talk をするという
見本としてお見せします。Bさんは見事に「借りる・盗む・真似する」を
実行しています。

同様にすごかったのはYさん。メモを英語で作って、何回か読み、
水曜日の朝、電車の中で何回か頭の中で繰り返して、
「借りる・盗む・真似する」を実行。

そしてMさんがまたすごい! YさんもMさんも small talk へ向かって
出発したくてうずうずしているようです。今回のMさんは
4歳だったお孫さんと金魚、12歳の同じお孫さんと大きくなった金魚の
写真を見せながら、まるで短編小説のような small talk を披露してくれました。

繰り返しになりますが、聞く・話す・読む・書く の4技能に分かれるなんて
幻想です。何をやろうと外国語の蓄えは豊かになっていきます。

南テーブルの比較的新人たち二人、FさんとSさんはそれを見て、
来週から読み聞かせとブックトークを始めます。

これからも講座報告を楽しみに!
いちばん楽しみにしているのはわたしでしょうけど。

第2回「多読祭り」報告 その1

Exif_JPEG_PICTURE

3月30日(日)、第2回「多読祭り」は、生憎、冷たい雨の中での開催となりました。会場も駅から少し離れた場所だったので参加者の出足が心配されましたが、スタッフを含め総勢120名の参加がありました。

昨年の多読祭りはすでに多読を実践している仲間の交流会の意味合いが強かったのですが、今回は、2月9日に読売新聞に掲載された多読の記事を読んで 「英語多読についてもっと具体的に知りたい」「自分もやってみたい」「どうしたら多読を始められるの」と訪れた方がたくさんいらっしゃいました。

続きを読む

3月26日 水曜多読講座の報告です! 4月からの多読講座について

水曜日午前の酒井クラスと第1第3金曜日の夜の酒井クラスは
4月から「話す・書く中心クラス」と名前を変えて、新たな段階に進みます。
そこで、冒頭わたしはおおむね次のようなお話をしました。

でもその前に、この日はUさんとNさんが企画して、何度も相談練習を重ねた
Tom Sawyer が上演されたことを報告しておきます。第1回も見たある理事によると、
みなさん「うまくなった!」と・・・ この劇は3月30日の「多読祭り」で
再演されます。みなさんどうぞいらっしゃって、受講生たちがいかに
英語に馴染んでいるかをご覧ください!

で、講座冒頭の話は・・・

***************************

長い人は1年7ヶ月になりますが、最近始めた人も含めて、
みなさん、ありがとうございました。

みなさん、いろいろなことを学んだとお思いでしょうが、実は
ぼくの方がたくさん勉強させてもらいました。
みなさんが教えてくださったことは今年中に本にするつもりです。
その中でみなさんと一緒に歩んできた道がどれほど画期的で、
どれほどすばらしいものだったかを書きます。楽しみにしてください。

で・・・

話す、書く中心クラスの方針をお話ししておきます。
4月の新しいクラスの最初に言おうと用意していたのですが、
今回「話す・書く中心クラス」への参加希望を見送った人も、
新しいクラスでどんなことが始まるのか知っていただいて、
時機が来て希望があれば参加の参考にしてほしいと思ったわけです。

講座全体の目的は、受講生の自立です。
ウェブサイトの講座案内にも書いてあります。
自立とは何かと言えば、

自分はどんな外国語をどのように使い たいか、
それを見極めて自分で道を見つけられるようになる。

これが多読講座の最終的な目的です。
その中には読書も入ります。
話すも、書くもいらないという人は別に新しいクラスに参加しなくて
もちっともかまいません。

みなさんがそういう風に自立したら、ぼくも同じように自分の道を
見つけようとしている仲間として、一緒に旅を続けることはありえます。
そうなったらぜひ楽しく一緒に歩いて行きましょう。

「話す・書く中心クラス」の方向を四点について説明します。

※参加者同士で道を見つけていく
いつか一人でも見つけられるように・・・
いつかほかの人を手助けできるように・・・
さかいは先生ではありません。
みなさんの関わり合いを見ていて、時々意見や感想や
質問や注文を言います。

※話し言葉で話す、話し言葉で書く
学校英語の英作文は卒業しましょう。
このクラスに参加する人は1年7ヶ月の間にずいぶんたくさん
「やさしい英語」に触れてきました。それを活かして
話したり、書いたり、読んだり、聞いたりしましょう。
つまり、これからも 「借りる、盗む、真似する」 を大事に!

※すべて一口大から!
読むのも聞くのも一口大から始まりました。
そのまま話すのも書くのも、一口大から再出発します。
フリー・スピーキング、フリー・ライティングで、英作文や
英作文スピーキングを抜け出す人も出てくるはずです。

実際の活動は、朗読からブックトークへ、メモ付きブックトークへ
スモールトーク(世間話)へ、Twitter 、facebook、blogへ。
そして希望のある人は、説明、説得、討論へ、
インターネット大学へ、留学へ、仕事へ

説明・説得・討論などは書き言葉で話す、書き言葉で書く必要が
ある場合があります。そちらにすすみたい人は、
専門分野の多読と並行して Grammar in Use や
Course books を始める人も出てくるかもしれません。

※やさしい英語の吸収はこれまで通り続ける。
次第に長い本、むずかしい本、専門分野の本などに近づいて
行きますが、一方で絵本、manga、アニメ、ドラマ、映画は永遠に
続けます!

****************************

概略こういう方向です。
またまた、いままでになかったことを始めるわけです。
「魔女の宅急便」でいえば、
「ここは慎重にすべきだとぼくは思うな」
と黒猫なら言うでもありましょうが、わたしはキキのように
「新しい冒険が始まるみたいでワクワクしてる」
のであります。

みなさん、楽しみに見守ってください!

なお、上記の記事について質問、疑問、注文、感想、意見など、なんでもお寄せください。
宛先は info あとまあく tadoku.org です。

3月23日第13回「多読のためのリライト講座」報告

007

第13回「多読のためのリライト講座」、参加者は5名でした。ボランティア教室で日本語を教えている方、横浜の日本語学校の先生2人、大学の日本語科の先生、インターナショナルスクールの先生。
全員、日本語教育の現役の先生で、ボランティア教室の方は、当NPOの英語多読の受講生。多読についてご存じだという方ばかりでしたので、多読とは何か、という概論的な事は短くお話しして、多読授業の様子をスクリーンに映して、見ていただきながら話を進めました。
T日本語学校の先生が、読みものを準備する時点で、早くも4人の先生から、「え~、あんなにたくさんの本、どうしたら買って貰えるんだろう」という、ため息混じりの声が上がりました。
次に、授業で声をかけるタイミングなどを、J日本語学校の場面で見ていただくと、「1人1人にあんなに長く感想を聞いていたら、全員にまわらないのではないか?」「感想を言わせることも、多読授業の一貫なのか?」等の質問が・・・。
ボランティア多読教室での読み聞かせの場面や、学習者が読み終わった(聞き終わった?)「舌切り雀」を一生懸命再現しているところも、「読み聞かせをしていると、他の人に迷惑になるのではないか?」「授業で一人一人に話させるのは、時間が足りなくなってしまうのではないか?」という質問の声が上がりました。
事情を伺うと、学校側の意向があり、50分をまるまる多読に使うことはできそうもない、20~30人というクラスの人数を考えると、個別に読み聞かせたり感想を聞いたりすることはできそうもない、ということでした。う~ん、確かに現実はそうですよねえ・・・
英語のORTを字の少ないレベルから多いものまで見ていただいて、午前の部を終了。
お昼を食べながら、いくらぐらいあればよむよむ文庫が1セット揃うのか。などの話。ブックオフで漫画や、絵本などを買ってきて混ぜれば、それほどの費用はかからないと説明するが、大学も日本語学校もインターナショナルスクールも予算を付けてもらうのはとても大変なことだそう。
また、大学では、多読授業をした場合、評価をどうするかが大きな問題だということなので、いろいろな評価の工夫の例をお話ししました。

007
午後は、リライトのポイントを説明してから、語彙表と文型表を見ていただきました。レベル分けの根拠を気にする方が2人ほど。絶対的なレベル分けではないのだ、ということを話しました。
さて、イソップの「ウサギとカメ」を二つのグループで、レベル1にしてもらう。ウサギが起きてカメが山頂にいるのに気づき「あっ!」という顔のドアップで、終わりにしたグループあり。これは、制作中の多読文庫にいただいてしまおうかなと思いました。
「注文の多い料理店」をレベル4に。こちらは、原文を見ていただいてのリライトでしたので、なかなか大胆な物にはしきれなかったようでした。1-2ページ分終わったところでよむよむ文庫の「注文の多い料理店」を読んでいただきました。
「ああ、全部読んで自分のものにしてからでないと、リライトって、出来ないものなんですね」という、ピンポ~ン!の感想が出ました。
最後に、今日の講座の感想を聞きました。動画を見たことやORTを見たことがリライト講座へとどう結びつくのかわかりにくかったという、意見があり、全員日本語教師なのだからと安心しすぎてそのあたりの説明が雑になったなあ、と反省させられました。
皆さんが、時間と予算の厳しい中で、今後少しずつでも多読による日本語学習を授業に取り入れるつもりだと言ってくださったのを、うれしく思いました。
(松田)

3月19日 水曜多読講座の報告です!

Look and Ask が先週で一渡り終わったので、
この日は東西のテーブルは前半1時間は字幕なし多観(Shさんは
聞き読みシャドーイング)。後半は読み聞かせ+book talk

Eさんの聞き読みシャドーイングが次第に柔らかくなってきて、
学校英語の音はだいぶ消えました。ところどころに
学校英語の音が出るのは「あ、ここ分かる!」と思った時ではないか
とのこと。

U さんが選んだ「千と千尋の神隠し」は英語の音声がなくて
フランス語の音声だけ! フランス語はまったく分からないので、
話の筋を知りたくてその分、画面を食い入るように見て、
フランス語独特のリズムやメロディーが染みこみやすかったようです。
いわば「劇薬字幕なし多観」? これは覚えておこう。

Mさんの book talk は、Penguin Young Reader の
The Gingerbread Man。ところが結末が気にくわなかったとのことで、
ハッピー・エンドに書き換えてメモを作ってきた!
いいですねえ・・・ なんとも言えないです、こういう自由さ・・・
読書の離陸以外に、book talk にも離陸があるのでしょうね。

Yさんは Look and Ask の途中から small talk の方に移りたくて
しょうがないようです。4月からは small talk を少しずつ入れましょう。

南のテーブルは聞き読み3人。I さんは南のテーブルでもいちばんの
新人ですが、絵をしっかり見ていて、BちゃんとCくんが双子ではないかと!いよいよCDを聞きながら聞き読みへ・・・ 絵だけ見ているよりもずっと
楽しいとのこと。順調に絵本の世界に入り込んだようです!

「分からないこと」が耐えられなかった J さん。
名作童話の絵本で「話を知っているから」分からないことに耐えられる
ようになって、今週はいよいよ絵本を楽しみ始めました。うれしい!

 

3月12日 水曜多読講座の報告です!

報告が遅れに遅れて、ついに周回遅れ・・・

先週の水曜日の報告です。

*Nさんの「発音教室」に続いて、Lの音もいっぱいあって、
Lの音だけを発音練習するなんて無理だと言いました。いつも書いていることだけれど、くわしいことはいずれきちんと書きます。

*字幕なし多観が水曜日でも始まって、みなさん慣れてきました。

*Bさん:聞き読みシャドーイングで、子音のあとの母音が消えてきた!

*Shさん:Fluffyを使ってbook talk。英語の出てくる速さが中程度で、
うまく借りながら紹介。book talk の過程が少しずつ見えてきた。

残念、このくらいにして、きょう(19日)の報告に行きます・・・

 

 

3月5日 水曜多読講座の報告です!

毎週講座の始まる前に5分間、Nさんが「発音講座」をやっています。
わたしは今は「発音」という考え方にはよいことはないと考えていますが、
Nさんの講座は日本語の音と英語の音の大きな違いを確認するよい機会になると考えています。

この日はLの音とRの音の話でした。
Nさんは英語の音について書かれた日本語の本をいくつか参照したそうですが、
わたしの言う「極端形」の「発音方法」しか説明がなかったとのこと。

実際には「舌の先を上の前歯の裏に当てて弾くように発音する」Lの音だけでなく、
舌の位置の数は事実上無限にあると言えるので、よくある極端形の発音しか
説明がないというのは実際に使われる音の多様さを無視していますね。
明治から第二次世界大戦中までならいざ知らず、今は実際の英語の音を
いくらでも聞くことができます。実際の音を聞けば、極端形のLの音などは
かなり数が限られているということはすぐわかるはずなのに、どういうわけだろう?
不思議としか言いようがない・・・

Lの音に何種類もあることはどんな初歩の音声素材を聞いてもすぐにわかります。
それでも「音声学者」にはなかなかわからないとすれば、
学校英語の固定観念を去ることができないということでしょうね。
Nさんには、英語国の音声学の本では無数のLの音についてどう書いてあるか、
調べてくださいとお願いしました。

講座に入って、いよいよ水曜日も二人が字幕なし多観をはじめました。
しばらくは強制です! やってみれば、なあんだ、というのが字幕なし多観ですが、
慣れるまでは無理矢理英語音声だけでDVDを楽しんでもらいます。

考えてみると、字幕なし多観はもちろん辞書なし多読に似ていますが、
聞き読みシャドーイングにも似ていますね。
聞き読みシャドーイングは音声に引っ張ってもらって、
文字を分かろう、理解しようという衝動を抑え込む・・・
字幕なし多観は映像に引っ張ってもらって、
音を聞き取ろう、分かろう、理解しようという衝動を抑え込む・・・

「正しく読めなければいけない、すべて聞き取らなければいけない、
100%理解しなくてはいけない、分からないと気持ちが悪い、
どうしても分かりたい」という気持ちを離れるためにはこうした
強制も仕方ないのだと思われます。

それから別に二人の人が字幕なし多観シャドーイングを始めました。
実際に数分間やってもらって、映画を楽しみつつシャドーイングも楽しめる様子
だったので、これもしばらく続けてもらいます。この二人は強制ではありません。
西のテーブルでは昨年の秋に受講し始めた二人の人が劇薬に近いシャドーイングに
挑戦することになりました。二人ともかなり英語を勉強した人たちなのです。

読み聞かせ、book talk はいつも通り。
比較的新人の多い南のテーブルでも、日本語のブックトークが始まりました。

Look and Ask はSさんのオーストラリア旅行。
またしてもいながらにして世界旅行の雰囲気! おいしそうな料理もあった・・・!

そして「多読祭り」へ向けて、少しずつ緊張が高まってきました。
水曜講座の受講生全員(+わたし)で劇を上演するのです!!
再来週の月曜日はなんとNPO事務所でリハーサルだそうです。
楽しみ!!!

2月26日 水曜多読講座の報告です!

2012年8月末の開講以来もっとも静かな講座でした。
というのは、わたしが風を引いて、くしゃみ鼻水鼻づまりがひどくて、
講座の間ずっとマスクをかけていたからです。

メニュー、運びともいつもと変わりませんが、受講を始めた人が一人、
体験受講の人が一人と、超満員でした。

南のテーブルは昨年の11月以降に受講しはじめた「新人」の席に
なっています。26日にはその新人たちとじっくり読書相談をしました。
受講前にTOEIC750点の人や、100万語以上読んであった人たちも
いて、快調に聞き読みへ、聞き読みシャドーイングへと歩を進めています。

けれどもかなりの英語学習歴の持ち主と言っていいと思いますが、
これまでの絵本読書は少なめなので、聞き読みシャドーイングに入っても
ピンク、赤の絵本はたっぷり楽しんでもらいます。

聞き読みシャドーイングの音はどうしても日本語の癖があって、
英語のリズムになりきれていないところがあります。
そこで、少し速めの素材でもごもご気味にしてもらうことにしました。

もう一人の南テーブルの住人は英語は不得意だったという話だった
はずなのに、前々回からオレンジ・レベル(総語数では1000語から
2000語)の本を読み始めました。楽しそうなので、徐々にオレンジ
中心に写っていきそうです。この人は借りた絵本を家で息子さんと
楽しんでいるということで、小学校6年生男の子と一緒に楽しめるとは
非常に幸運なことだと思っています。

南のテーブル4人目の比較的新人は「分からない」ことがきになって
いましたが、いよいよ分からないことになれ始めました!
前回から今回まで、ディズニー映画の絵本版や、古典童話の
絵本版を「だいたいこういうことよね」と読み飛ばしたようです。しめしめ!

そういうわけで、南のテーブルでもブックトーク(日本語)を始めました。
気に入った英語の絵本を1冊選んで、どこがおもしろかったか、
語ってもらいます。それをしばらく続けて、聞き読みシャドーイングで
英語のリズムやイントネーションになれてきたら、英語で読み聞かせ
英語で book talk へと進む予定です。
でもいまは、南のテーブルの中心課題は聞き読みシャドーイングですね。
そして次第に一口大を意識してもらいます。

講座の時間が終わって帰り際--みなさんが借りる本を選んでいる
時にMさんがすごいことを言い出しました。一つ一つの語をたどって
理解することをあきらめたら、いくつかの語の塊でイメージに描けることが
あるようになった、というのです! それはすごいことです。
けれどもあまりにすごすぎて(わたしはそれができなくて、
いまだに一語一語たどっているということは何度も書きました)
そのままかたまり読みになっていくのだろうか、非常に興味がありますが、
こんなことを書いたらMさんにはプレッシャーになってしまうか?

来週は字幕なし多観をやってもらいます。お楽しみに!

2月25日 ファンドレイジング企画「北朝鮮映画を見る会」の報告

2月25日(火)19時から、東ドイツ出身のYさんによる「北朝鮮映画の集い」を開催しました(正会員が企画したNPO支援も兼ねたイベント)。
1年半前から当NPOの日本語クラスに通っているYさんは、多読で日本語を学ぶやり方をとても気に入ってくれています。日本在住歴は10年を越しますが、普段日本語を使うことはあまりなかったとのこと。それがこのところ日本人の奥様との会話も日本語率がぐんと高まってきたそうです。このYさん、過去に2回北朝鮮を訪れたことがあり、北朝鮮映画の専門家として本も出版しています。それを知って、Yさんの日本語を使ういい機会+NPO支援の寄付金集め+「多言語」にふさわしい日本人、外国人の交流という一石三鳥も狙った欲張り企画を立ててみました。

集まったのは、ウェールズ人のB級映画専門家、実験的映画を製作しているフランス人監督、ピアニストの韓国人、韓国育ちの日本人、私たちの英語講座受講生、などなど、国際色豊かな12人。さすが「多言語多読」?!

上映されたのは、フィンランドのカメラマンによるショートドキュメンタリー「ピョンヤン・ロボガール」(2001年)と1980年代~90年代に制作されたプロパガンダ映画4本を編集したもの

「ピョンヤン・ロボガール」は、信号がない北朝鮮の交差点に立つ女警官のまさにロボットのような動きを捉えたもの。交代して持ち場を離れるときも歩く姿はロボガール。まじめに職務をこなしているのだろうけど、笑ってしまいます。
・交通量がとても少ないけど、そこは中心街?
・今でも信号はないの?
・どこ製の車が多い?
など質問が飛び交いYさんは丁寧に日本語で答えていました。

次は、いよいよYさん編集の「将軍様万歳・・・北朝鮮映画の断片集」
このフィルムに登場するのは4本のフィルム。それが本当に断片になって、繰り返し登場します。その4本とは
①「指令027」(1986年)
②「いつまでも忘れない」(1999年)
③「私の幸せ」(1987年)
④「平壌(ピョンヤン)の四季」(1990年代)

①「指令027」は、朝鮮戦争時代が舞台のアクション映画。北朝鮮の兵士が前線をこえて韓国の兵隊と戦う。テコンドーをこれでもかこれでもかと見せ付ける。銃器を持っているのにテコンドーでやりあうおかしさ。テコンドーのテクニックは抜群。テコンドーのうまい兵隊を起用して作ったとか。

・テコンドーは韓国伝統のスポーツではなく、占領時代の空手から変化したものだと、韓国人がコメント。日本人一同「へえ~!」

②「いつまでも忘れない」は、1990年代の飢饉の際に、兵士と農民が力を合わせて田圃を作ったり、高波から土地を守ったりした美談を決して忘れないようにという意図で作られた感動巨編。
③「私の幸せ」は、朝鮮戦争の最中、偉大なる将軍様のために身をささげる若い看護婦たち。
④「ピョンヤンの四季」いろいろな季節の美しい景色、ダンスやスケートに興じる人たち。なぜ国民は闘ったのか、それはここに描かれているパラダイスに生きるためですよ、と伝える国家賛美のドキュメンタリー。

未知の国、北朝鮮。こういう映画を子どものときからず~~っと見て育つ。外国映画は上映禁止。インターネットも国内のみ。
ーーみんなこんな自分の国に対してどんな気持ちを持っているのだろうか
ーー日本の戦前も全くこんな感じだったんだろう。
一同、しばし複雑な思いを語り合う・・・。ピアニストの韓国人のお父さんは北朝鮮出身だそうだ。「帰りたがっていたけど、亡くなるまで一度も国に帰れなかった」

上映終了後、ビールとささやかなおつまみで、メンバー紹介をしつつ、英語、ちょっぴり韓国語、ちょっぴりドイツ語、のおしゃべりを楽しみました。

次はB級映画もいいし、フランス人の第3作目(?)、本人は退屈だというカットなしワンシーンの登場人物2人、しかし2人は全く交流しない、そんな映画もいいかなと。

参加してくださったみなさんありがとうございました。
そして、1時間以上、堂々、みんなの前で日本語でがんばったYさん、貴重な映像と解説をありがとうございました!!
こんなに素敵な集まりだったのに、写真を撮るのを忘れてしまったのは大失敗でした。この雰囲気をお見せできなくて残念!

(川本)