Look and Ask

1月29日 水曜多読講座の報告です!

Yさんのスペイン旅行 たまたま見かけた結婚式?

講座の始まる直前の5分間「脱学校英語発音講座」は
今回 Oxford Reading Tree の音声からすべての引用例を持ってくる
というすばらしい試み!

前回まではある発音の参考書を引用していたのです。
実はきょうわたしはそれを ORT からの引用に変えましょうと
提案するつもりだったので、この試みには本当にびっくり!
探すのは大変でしょうが、ぜひ続けてくださいと言いました。
探せなくて、脱学校英語発音講座の期間(最初の予定では
3月末まで)が先へ延びてもいいと思います。
やはり自分の耳で確かめたことだけをみなさんと共有したいもの!

講座開始後最初に東と西のテーブルで聞き読みシャドーイングを
している間に、南のテーブルの比較的新人たちと読書相談。
TOEIC750点の人、講座に来る前に100万語読んでいた人は、
(これからも絵本を読み続けてもらいますが)
早くも次回から聞き読みシャドーイングへ!
(二人は1`昨年10月26日の無料体験講座に参加して、
11月から受講。)

けれどもきょうは新人たちの読書相談は少し早めに切り上げて、
東と西のテーブルで読み聞かせとブックトークを、全部では
ありませんが、しっかり聞きました。

今回読み聞かせですばらしかったのはMさん。
リズムに気をつけていたのもすばらしかったのですが、
内容に合わせて声音を変えていました。
題材は Cat Traps と言えば知っている人もいるでしょう。
一文が短くて、しかも適度な間を作るとおもしろさが増します。

みなさん、読み聞かせる絵本の bite-size と、リズムを意識していて、
(bite-size はリズムを作って朗読できる文または区切りの長さのことで、
一口サイズとも)
たとえばSさんのように、適切な本を選んで、文の長さも、区切りも
意識して上手にリズムを作っています。
慣れれば少しずつ一口サイズが大きくなっていくと思われます。

book talk は東・西のテーブルには熟練組と比較的新人組がいます。
熟練組は英文の要約メモを作って、しかしそれはほとんど見ずに
本の紹介をしました。要約に対する質問もかなり出始めました。
新人組はメモをほぼそのまま読み上げます。
質問は少なめですが、少しずつ増えていくでしょう。

Look and Ask は先週に続いてYさんのスペイン旅行の二度目。
今回も、訪ねた場所の名前を書いた大きな紙を見せながら、
想定問答集(?)で説明してくれました。
プロジェクターでスライドを大きく見せるので、
結構旅のお相伴をしたつもりになれます。

Yさんのスペイン旅行 たまたま見かけた結婚式?

Yさんのスペイン旅行 たまたま見かけた?結婚式

左はファシリテーターのNさん。
来週はBさんのアメリカ滞在の思い出--楽しみです!

例によって受講生のみなさんから講座時間内の活動について提案が
ありました。2月12日の講座の後半1時間を「お悩み相談会」にするのだ
そうです! すごいですねえ・・・ そして発表者(?)も二人決まって、
その人たちの報告を中心に多読の進め方、悩み、疑問などについて
話し合うということのようです--これ楽しみ!!

1月15日 水曜多読講座の報告です!

写真

きょうもたくさん書きたいことがありますが・・・

(わたしの今年の抱負 「スロー・ダウン!」 は先週ほどうまく行きませんでした。
ちょっと声を張り上げ気味だったと思います。68年間の癖は簡単には消えないようです。
来週はマスクをしようかと考えています。)

読み上げの練習をしてきましょう! と厳しく言いました。
わたしが課題を厳しく言うというのはめずらしいので、みなさんびっくりしたと思います。

つまり、読み聞かせ(朗読)はする方にも聞く方にも非常によいものだけれども、
講座では読み聞かせそのものをもっと楽しいものにして、
しかも話すことへそれには多読や多聴と同じく読み聞かせの「量」を確保したいと思うのです。

そこで、練習して来なかった場合は読み聞かせはしないこと、とお願いしました。

もう一つお願いしたのは、自分の読み聞かせの bite-size を意識しましょうということです。
たとえば Yさんは5語から6語くらいだそうです。4語ならほとんど文をリズムよく読めます。

(bite-size とは「一口大」のことと思ってください。
食べ物なら気持ちよく口の中で噛める大きさ、
文章なら、すっと抵抗なく、リズムよく、気持ちを乗せて読める一文の語数です。)

日本語と同じように、英語にちょっともリズムがあり音の仕組みがあるわけで、
それを少しずつ吸収するのに、この bite-size  という考え方はたぶん有効だろうと
今のところ考えています。

一方で、英語のリズムやメロディーや音の繋がり方や一つ一つの音を獲得するために、
聞き読みシャドーイングをしつつ、他方で朗読でその獲得した音を活かす。
それはいつか自分が話す英語の聞きやすさ(分かってもらいやすさ)にも通じるはずだと
予想しています。

これは大事なことなので、今後も報告を続けます。
というのは、何も講座に出なくても、自分の現在の bite-size を意識して、
それに合った素材で朗読(読み聞かせ)に慣れることは可能だからです。
つまり・・・

どんな素材でもよいので、とにかく朗読してください。
それでつっかえずに、リズムよく読める最大の文の長さがあなたの朗読 bit-size です。

(講座では朗読の時のリズムを意識してもらいます。「ここが言いにくかったでしょう?
ちょっと長すぎましたね」とか、「この文は長い割にリズムよく朗読できましたね。
文が実はいくつかに分かれていて、それをうまくかみ砕いたからですね」という具合に。)

最初は一文が1語か2語の短い絵本から始めて、一方で短い文の多い本を聞き読み
シャドーイングして、リズムよく読めるようになったら少しずつ一文の語数を増やして
いきましょう。

というわけで、bite-size を意識して少しずつ長い文を朗読することは
ほとんどだれでもできると思うのですが、どうでしょう?
同時並行で聞き読みシャドーイングをお忘れなく。
なお、bite-size 朗読 についてみなさんの質問、感想、意見を求めます!

ああ、長くなるとは分かっていたけれど・・・

読み聞かせではMさんが新しい工夫、Sさんが small talk ですばらしい下調べを、
そして Look and ask. では、新しいやり方が提案されて、講座はみんなで
作っています! みなさん、ありがとう!!

Sさんは前々回のMさんのsmall talk を聞いて、アメリカには(?)
おばあちゃんが孫たちのために Christmas socks を編んで贈る習慣があると
知りました。そこで、20年くらいも前にあるお年寄りからもらったサンタを
編み込んだ靴下の意味がわかって、そのことをsmall talk で話してくれました。

写真

ついでに(?)、インターネットで調べたクリスマスの贈り物についても
英語で話してくれました。たとえばクリスマスおむつ(赤ちゃん用!)が
あるのだそうですね。

受講生のみなさんはすばらしいのですよ、とにかく!
みなさん、機会があればぜひ一度講座を見学に来てください。
こういうことが「自分から学ぶ(獲得する)」ことなんだ! と目から鱗のはず・・・

(「自律的学習者」とよくいう文科省に見せたい!)

1月8日 水曜多読講座の報告です!

あけましておめでとうございます。
今年も多読講座の様子をお知らせしていきます。
よろしくお願いします!

年の瀬のリニューアルで少し広々とした事務所で、
新年最初の講座が開かれました。

(ボランティアのみなさん、ありがとうございました!)

いつものように講座開始30分前に事務所に着いて、まずびっくり!
なんともう6、7人の人が来ていた・・・
そして10時20分からNさんによる「脱学校英語発音講座」が5分間。
そもそもこれがすごいでしょ。まあ、びっくりです。

で、講座がはじまって最初にさかいから新年の決意を伝えました。
いわく 「スロー・ダウン!」
昨年は怒濤の1年間でした。受講生のみなさんがあまりにすばらしいので、
わたしも興奮して突っ走りました。

それで大変な研究成果がありましたが、
社会人受講生の伸びのすばらしさも分かったし、
どんどん自分のやりたいことを見つけて伸びていく闊達さも分かったので、
今年はじっくり落ち着いてそれぞれの伸びを見守るようにします。
開講当初からの受講生はみなさんすっかり自立していて
「やりたいことをやればいいのだ、
さかいさんには必要と持った時に助言を求めればいい」
と考えているようです。(もちろんその通りです。わたしはできるだけ
大声や興奮でみなさんの邪魔をしないようにします。)

きょうの展開はまさにその方向に進んだのでした・・・

メニューはいつもの通り。
東と西のテーブルは聞き読みシャドーイングから始まって、
わたしは一人一人のそばに行って「そのまま」とか、「もうちょっと
早い素材を」とか、「これは気に入った、これをシャドーイングしたいという
素材を見つけましょう」などと助言。

両テーブルとも30分を経過した所で 絵本の読み聞かせと book talk へ。
和気藹々と、しかし中身の濃い時間になった様子でした。

「様子」と書いたのは、わたしはその間南のテーブルで、読書相談をしていたのです。
南のテーブルは講座に参加してまだ2ヶ月にはならない人たちで、
絵を見るのに慣れた人は絵+音へ、さらに絵+音+文字へと、
それぞれに進み具合、普段の忙しさなどを勘案して次週への課題を提案しました。
TOEIC750点の人や、もう100万語読んだ人もいて、
そろそろオレンジ・ラベルに入りかけていますが、
ピンクと赤の絵本はまだまだ毎週10冊ずつ持って帰ります。
これは飽きるまで、あるいは全冊読み終わるまで、続けてもらいます!

最後の25分はみんなスクリーンの方に向いて、Look and Ask。
きょうは多読的ライティングから立派なプレゼンテーションへ飛躍してしまった(!)
Mさんのヨーロッパ旅行シリーズ第1回。
そこでまたすばらしいことが・・・

Nさんがファシリテーター(仕切り役?)を買って出たのです!
わたしはみなさんのやりとりをただニコニコと見ていればよかった!!
これはもう限りなく理想に近いクラスです。
Nさんのinitiative(率先?)を参考に急遽、わたしはもうファシリテーターを
しないことにして、次の発表者Yさんの時にはUさんが、
その次の発表者の時はSさんにファシリテーターをお願いすることにしました。

で、Nさんのファシリテーターでヨーロッパ旅行のスライドを見せてくれたMさんの
発表がまたすばらしかった。

1週間かけたそうですが、何百枚もの写真の中から、
みんなが質問しやすいスライドを選び、ご自分の写真で満足できない時は
もっといい写真をどこからか持って来てスライドにしてありました。

その上みんなから質問が出なかったら、Mさんの方からみなさんにする質問を
用意してあった! すごいですね、すごいですね・・・

これはもう今年もどこまで翔るかわからないぞ!
でもわたしは スロー・ダウン!

追伸
いずれ聞き読みシャドーイングの感想も受講生同士で言い合ってもらおうかと
考えています。読み聞かせやブックトークはわたしが引っ張らなくても
みなさんそれぞれのinteractionでよい方向に行こうとしているのだから、
シャドーイングだって、同じようになるのではないか?

12月11日 水曜多読講座の報告です!

11月20日の報告で、英語らしさの獲得に二つの道を考えていることを書きました。

(11月20日の報告に書いたように、学校英語の音を洗い流すために
二つの道を提案したのでした。
一つは聞き読みシャドーイングで落ちる音を意識する、理屈から入る道
二つは劇薬シャドーイングでもごもごから出発する、感性から入る道)

きょうはそれでとてもよいことがあったのでその報告から・・・

受講生はみんなすごいです。なんというか、こちらが方向だけ示すと、すすっと
そっちへ歩み出して、ささっと先へ行ってしまう。
しかもその歩みを受講生同士で気軽に伝え合うので、伝播が早い。
わたしがいちいち細かく指摘して、それに「従う」より、はるかに説得力がある!

一人はNさんでした。
「(学校英語の癖そのままの)IT IS RAININGU. はおかしいとわかりました。
マクドナルドの法則のように it is RAinin . という風に落ちる音を意識したら、
読み聞かせも楽になりました。」
と言って、
「学校英語の癖をどこかで捨てなきゃいけないと思いました」と。

でもそこからがすごい。、
「けれども(学校英語の癖のある人は)プライドがあるから、捨てなさいと言うときに
気をつけなければいけない。だからわたし自身の体験として、ほかの人に
伝えたい」

なんていうんだろう。受講生のみなさんは、「自分で道を見つける。見つけたら
ほかの人に伝える」ということを当然と思っているんですね。

もう一人のEさんは受講し始めて数週間ですが、Uさんの絵本朗読と book talk を
聞いて、朗読の方が英語らしい、book talk はカタカナ英語になっていると
感想を言ったそうです。

実際わたしも常々そう思っていたのですが、なかなかそれを言い出せずにいました。
受講生同士では気軽に言い出せて、聞く方も(せんせーに言われるのではないし)
気楽に受け止めるように場が出来ているのですね。

今まで多読授業では 「先生が作る場」 しかわたしの頭にはなかったのですが、
それよりはるかに大切な 「生徒が作る場」 があるのだと、きょう、発見したのでした。

うーん、これは大きい・・・

ま、生徒同士が作る場についてはこれからも楽しみにしてください!

small talk に至る Look and Ask は今回からNさんのオランダ旅行のスライドを
見ながらということになりました。質問がどんどん出て、日本語の質問はUさんが
英語にして、 big words はことごとく small words に直して、着々と
英作文スピーキングから多読的スピーキングへの道を歩んでいます。
来週もNさんが中心です。

最後に、講座が終わって昼ご飯の席で、Yさんの爆弾発言が・・・

Uさんは英語をどんどんしゃべります。かなりむずかしい時事問題なども、
英語の先生だった蓄積を活かして big words をどんどん使いながら話します。
そのUさんに先々週、(ほぼゼロから出発した、けれども今はどんどん使えることばで
しゃべれる)Yさんが「Uさんは英語がどんな風に出てくるのですか?」と尋ねたそうです。

その趣旨は、Yさん自身は英語が勝手に浮かんできて、それを口から出すそうですが、
どんどんむずかしいことばが出てくるUさんもそうなのか、知りたかったのだそうです。

Yさんの話し方を聞いていると、まさに「英語が勝手に浮かんで」くることがわかります。
そのことがすごいなとわたしは思います。日本語が浮かんでそれを英語にしているのでは
ないところがすごい。しかもそこまでいわば一直線で来たのですね。
途中に「英文和訳でしゃべる」という過程はなかった・・・

これからは絵本の朗読と、メモを作ってやる book talk で、どんどんいろいろな表現を
獲得していってほしいと思います。

長くなりましたが、もう一つだけ・・・

Sさんがアメリカの奴隷史(?)にはまりました。
受講生のだれかに勧められて Amazing Grace (Benedict Cumberbatch も出ているから、
Oさんか?)のDVDを見て、たまたまそのすぐあとにWho Was Harriet Tubman を読んで、
American Girls Collection のAddy のシリーズで Tubman さんが出てきて驚いて、
それから Who Was Abraham Lincoln を読んで、
次にはAGC のKirsten シリーズを読もうとしていて、そこから「大草原の小さな家」を
目指している・・・! 話題で追いかける! Sさんの今後が楽しみ。

みんなの今後が楽しみ!