一語ブックトーク

5月16日 金曜多読講座(英語)の報告!

Yさんがこのところ Heartland に捕まって、なんと乗馬を始めそうな勢い。
これはかつてSSSの時代にもSさんが乗馬を始めたのでした。
それで、Yさんは「グリーン・チャンネル」という放送で、月曜日から木曜日までかな?
あるいは金曜日までだったか、12時30分から14時10分まで、Heartlandの
テレビドラマを無料で見られると、みなさんのブックトークで知らせてくれました。

ブックトークはどうしてあんなに楽しく、読書意欲をそそるのでしょうね?
Skypeブックトークも毎回すばらしく盛り上がって、よくまあ、毎月これだけ話の
種があるものだと思います。まだ知らない人はぜひ
「ブックトークのSkypeおしゃべり会の開催ご案内」をご覧ください。
次回からは時間を調整して、英語と日本語両方の book talk、ブックトークを
やれるようにしようと考えています。

Kさんのブックトークは本ではなくて字幕なし多観。67時間半に達したそうで、
その楽しみ、悩みを語ってくれました。

4月以来の新入生増にともなうピンク・ラベル、赤ラベル大量購入の話は
水曜多読講座の報告で書きました。同じ新着本をこの日もみなさんに見てもらって、「一語ブックトーク」用の絵本を探してもらいました。

一つの場面を一語で表現する、ということになると、真剣に絵を見て、
物語をたしかめて、もう一度絵を見て、どこに注目して大事な一語を発するか、
思いがけずおもしろくて、みなさん真剣になりました。

そのため気の弱いわたしは「はい、そこまで。それじゃ、発表にはいりましょう」と
言い出せなくて、結局一語ブックトークだけで45分もかかりました。
そこで、水曜日と同じように、ピンクの絵本を3冊持って帰って、じっくり絵を見て、
ことばを選んで、練習してくることにしました。

これで大きく空くはずの時間は・・・ なんと・・・!

受講生同士のtadoku報告、読書相談に使うことに!!
テーブルごとにするか、全員一グループでやるかはその時次第。
これはもちろん「話す・書く中心クラス」の4大方針の第一項

※参加者同士で道を見つけていく

を目指すものですね。

何度も書きますが、ほかの方針は

※話し言葉で話す、話し言葉で書く
※すべて一口大から!
※やさしい英語の吸収はこれまで通り続ける

でも、みんなで話すと、同じ道を歩みたくなるかも知れません。
それは半ば警戒したいので、その後付け加わった、

※一人一人別々の道を見つける

この方針も大事にせねば・・・

最後に!

これはまだ水曜日も、金曜日も、どちらの受講生にも知らせていないのですが、
みなさんのRead-Aloud がとてもうまく行っているので、
いよいよ www.storylineonline.net の朗読を目標にすることにしました。
すごいですねえ! ほんとに、まあ・・・
というのは、一語book talk も、一口大の朗読も、音がしっかりしていないと
伝わりにくいということがわかったからです。一口大の朗読もそうですが、
一語book talk では特に、音がしっかり出ていたり、消えるべき音がしっかり
消えていないと、何のことか分からなくなります。みなさんから、「え?」という
質問の声がたくさん上がるようになったことで気がつきました。

大人向けペーパーバックから児童書、絵本へ、
長い文章の朗読から、一口大へ、一語へ・・・
結局わたしたちは、おさなごへ、おさなごへと時をさかのぼっているような気がします。

5月15日 木曜多読講座(英語)の報告!

まずは新しく購入したピンク・ラベルの本をどさっと各テーブルに置いて、
絵を見ながら one-word book talk の本を選んでもらいました。
その間に本の返却をコンピュータに記録しながら一人一人と英語で読書相談。

(バーコードで処理していますが、これはNPO多言語多読開始直前に
ボランティアのみなさんが1ヶ月通ってラベルなどの準備をしてくれたおかげ!
今回の新規購入分もボランティアのYさんがすばらしい早さで登録してくれました。
Yさん、ありがとう!)

で! 次回からは受講生の間で読書相談係を交代でやってもらいます!--これは「話す・書く中心クラス」の四つの方針・・・

※参加者同士で道を見つけていく
※話し言葉で話す、話し言葉で書く
※すべて一口大から!
※やさしい英語の吸収はこれまで通り続ける

・・・のうち、最初の項目ですね。
みなさん、わたしと英語の読書相談を何十回とやっているので、
それを思い出しながらうまく読書感想を引き出してくれるはず!
もし最初はうまくいかなくてもそのうち間違いなく聞き上手になるでしょう。

で、次は選んだ本のone-word book talk
--これは四つの方針の残り全部です。
絵本の各ページを一語ずつでbook talk してもらうと、みなさんの
集中力が違います。絵を食い入るように見つめて、どこに注目して
大事な一語を選ぶか、真剣そのものです。

30分かけて素冊選んで、その本を他の人に紹介しました。
いや実に頭を使いますね、一語を選ぶというのは--
みなさんの様子を見ていて、「やさしい英語の吸収」が非常な密度で
行われているという気がしました。

次に絵本の朗読で一口大をたしかめました。
ここで、ちょっと一工夫をしました。
英語に普段からたっぷり触れているFJさんに、
「話す・書く中心クラス」では新人のFRさんが朗読した本を
朗読してもらったのです。FJさんの朗読で、FJさんは刺激を受けたと
思います。これは今後もやります。
--四つの基本方針の第一項ですね。

ほかにもありますが、一つだけ・・・

みなさんにいっぱい書いてもらうために多読講座受講生が参加する
メーリング・リストを作ることにしました。発足は今月末になりますが、
そこでは二つの規則を守って投稿してもらいます。

*メールを書き始めて送信するまでの時間は5分間にする!
(気楽に投稿するためです。)
*5分間の最大文字数は 200字 とする!
(気楽に投稿するためです。)

で、守るべき付則がいくつか・・・

*間違えてもいい!*何人も添削すべからず!!!!!!
*返信を期待すべからず
*文はできるだけ短く--話したり、読み聞かせするときの一口大!

ああ、長くなりました・・・

追記
講座修了後に借りていく素材を選びますが、全員「字幕なし多観」用の
DVDを借りていくことを必須としています。

4月24日木曜多読講座の報告!

いつもの一語book talkの前に、一人一人、最近はどんな本を選んで
借りるかを語ってもらいました。それぞれお気に入りのシリーズや
分野が違うので、活発な語らいになりました。

それもそのはず、「話す・書く中心クラス」の人たちは離陸している
人たちで、それは「自分で本を選べること」でもあるのですね。
これからは好きな作家を見つけてくださいと言いました。
離陸が終わって、いま成層圏をめざして上昇中だとすると、
好きな作家を見つけて読みふけることは高度1万メートルを超えて
水平飛行に入る原動力になるでしょうね。

一語book talkからはいつも通りでしたが、お気に入りの本の
book talk でちょっとした変化が・・・

Yさんの book talk が聞きやすかったのです。それはOさんのふと
洩らした感想でもあります。わたしも同じことに気がついて、
Yさんの book talk 中にYさんの口から出る一文の長さを数えました。

すると、だいたい4語から5語なのですね。
これはYさんが読み聞かせの時に気持ちよく(つっかえずに)
朗読できる一口サイズとおそらく同じくらいだと思われました。

そこでみなさんにその印象を伝えて、Bさん、Fさんにも、
一口サイズを意識してもらうことにしました。
次回は book talk 用に作ったメモを朗読して、つっかえるところ、
一息で言うのが苦しいところは、「加工する」(Fさんの発明した表現!)
ことになりました。

加工の仕方はおそらくいくつかあって、たとえば
ぶつっと文を切り分けてしまう、関係代名詞で一息入れる、
長い名詞は短くする(代名詞を使ったり、the … と言い換えたり?)
いろいろあるでしょうが、なにしろこれは今回の講座中に思いついた
即席の方針です。次回(5月7日)までにわたしはYさんのメモを検討して、
Bさんのメモを一口サイズで書き換えることになりました。

はたしてどうなるのか? わかりませんが、楽しみです。
一口サイズも、一語book talk も、思いつきです。
勘を頼りにしているだけです。でも、その分、楽しみも大きい。
(分かっていることなんかやったって、おもしろくない!)

4月18日金曜多読講座の報告!

一語book talkから始まりました。
(リンゴbook talkもあるのか?との声も・・・)
4月から始めたばかりのHさん、「おもしろーい。どんどんやろう!」と
元気のよい反応!

今回の白眉(?)はNさんの一語book talk。
Oxford Reading Tree の絵本 At School を
1ページ No!
2、3ページ No…
4、5ページ Yes…
6、7ページ Yes!
8ページ NO!!!
と、book talk。見事なものでした。

で、Nさんによると、これを思いついたのは No, David! という絵本の
読み聞かせをしていたからとのこと。
これはまさに絵本の読み聞かせが book talk に発展したのですね。
大事なヒントをもらいました。

これからもしばらくは新しい「話す・書く中心クラス」の狙いについて
報告を続けます。