一文ブックトーク

7月24日 木曜多読講座の報告!

そういうわけで、みなさん離陸しているので、本選びにはわたしはほとんど関わりません。
みなさん好き勝手に選んで、時間があれば読んでくる、聞いてくる、観てくる、
時間がなければ先延ばし・・・ ほぼ自由自在なわけです。

(自分一人で選ぶようになると、普通は読むものが偏ってくるはずです。
いや、偏ることはちっとも悪いことではなくて、むしろ好きな作家を見つけて
その作家にのめるこむというのは読書の醍醐味だと思います。
ただ、仲間がいると、ブックトークを通して少しずつ偏りが広がるようです。
そして意外な分野や作家に目覚める!
それをめざして、講座支援者としては、みなさんが読んでいない分野の本を
時々紹介しています。)

それで、みなさんが持って帰って読んだり、聞いたり、観たりの量がすごい!
単純に高さで言うと、本やCD、DVDを15センチ積み上げたくらい借りていきます。
そしてどれを読むのも、読まないのもすでに何の屈託もなく・・・ほぼ自由自在。
いっそうらやましいくらいの闊達さです。次回はみなさんが借りていく本の
写真を載せましょうね。

1-Sentence Book Talk (略して 1-S B/T!)の短さが少しずつよくなってきました。
Bさんの・・・ あ、本のタイトル忘れた・・・ メモしてない! が代表的。

そしてBook Talk では、Mさんの The Magic Brocade。 とてもよくできた民話で、
みんな「へぇー!」と大喜び。わたしも、こんなおもしろい民話(中国のようです)が知られて
いないなんて、どういうことだろうと思いました。

さて、最後に大きなニュースがあり、いよいよ講座受講生用の bite-size writing のための
メーリング・リストが始まりました。できるだけ使いやすいようにということで、
事務局がいろいろ工夫をしてくれました。(電通大のYくん、ボランティア・ワークありがとう!)
そして木曜日の晩からすぐに、いきなり大変な数のメールがとびかっていますが、
それについてはもう少し様子を見て、次回の報告のあとにします。お楽しみに!

6月18日 木曜多読講座(英語)の報告!

「話す・書く中心クラス」のみなさんには、1年から1年半くらいで卒業をめざしますと
伝えてあります、4月の開講時に。

(いつまでもずっと講座を受けているのでは、NHKの英語講座と同じです。
それに、いま「読む・聞く中心クラス」の人たちも1年か、1年半で離陸して
「話す・書く中心クラス」に入ってきます!)

それでわたしになんらかの焦りがあるのかもしれないし、
今まで「こんな方向で良さそうだ」と思ったのにすぐに踏み出さずに後悔したことが
何度もあるので、ちょっと先を急いでいます。

一つには、シャドーイングと劇薬シャドーイングの半強制。
また字幕なし多観の強制。そして一口大を意識してもらうことを半ば強制。
さらに話し言葉の半強制・・・

それぞれの時間
で、最初の1時間には家でできなかったことをやってもらいます。
つまり、後半1時間の「みんなの時間」のために、R/A(読み聞かせ)や
1-S B/T(1文ブックトーク)やBook Talk/ブックトークのメモ作りをしてもらう・・・
はずでしたが、水曜日のみなさんはほとんど全部準備ができていたので、
シャドーイングをやってもらい、一人一人順番に聞かせてもらって
次にどうするかを提案しました。

極端形やカタカナ音、学校英語の音が支配的な人には例によって
劇薬シャドーイングです。はじめは1日5分、
続けて Holes や Harry Potter のような速い英語を10分か15分からはじめます。
それで1週間経ってなかなか抜けられない人は劇薬を10分に延ばしたり、
英語はしばらくやらないようにしましょうと言ったり、まあ、さまざまな場合にさまざまな助言。
(細かいことは次の本をお楽しみに!)

そうだった。みなさん全員に、声の出し方をこれから考えていきましょうといいました。
言い出したのはほとんど思いつきなのですが、英語独特の分厚い音や耳障りな音を
しっかり出すには声の出し方も関係あるかもしれないと、ずっと前から考えているのです。

みんなの時間
みなさん準備してきたので、二人から三人のグループに別れて、R/A、1-S B/T、
Book Talk/ブックトーク。

そこでわたしの注文は、どんどん質問をしましょう と・・・
質問でどのくらい伝わっているか分かるし、どういうところについては説明を丁寧に
しなければ伝わらないか、分かります。お互いに質問で話し方、プレゼンテーションが
磨かれるというか・・・ ちょっとかっこよすぎる言い方ですが、おそらくそうです。

もう一つの提案は、どんどん絵や図や手振り身振りを利用しよう と・・・
特にOさんとUさんのBook Talkのように長い小説の場合はたいてい人間関係が
複雑で、紹介を聞く人はこんがらがります。絵や図を用意してあったり
(金曜講座のYさんなど)、目の前で図を描きながら説明するとわかりやすくなるはず。

最後に「字幕なし多観」のことを一言。「話す・書く中心クラス」を始めてまもないOさんが
おもしろいことを言いました。「ドクター・ハウス」を字幕なしで見始めたらたちまち変化が
あらわれたいうのです。前回観た回は字幕なしで3回観なければ話が分からなかったそうですが、
今回は2回で分かった、と。そしてそのあと「刑事コロンボ」を観たら、非常に聞きやすくて、
1回でトリックまで分かったそうです。大感激だったとか・・・

さ、だれでも「字幕なし多観」はなんの苦労もなく試すことができます。
だれにも言う必要はないし、だれもテストするわけではない!
ただ字幕を消して、物語を楽しめるかどうか試せばいい!
楽しめなかったら多読三原則の3番目「自分に合わない本(絵=映像)は
どんどん投げる」を実行するだけです!!

みなさんの報告を待っています・・・