事務局便り

日本語多読「はじめの1歩」報告 その1

日本語多読を初めて授業でやってみた、という報告が届きました。図書室での多読授業だそうです。
都立高校で外国人生徒の日本語教育に携わるS先生の報告です。
最初から、ぐいぐい読む生徒、本を見つけるのにてこずる生徒、自信なさげな生徒、いろいろな素直な反応がみえておもしろいです。それから日本語学習中の生徒たちの支援になる本が少ないという現実も見えてきます。後日、S先生とお話ししたとき、「図書室に初めて足を踏み入れた」「初めて図書室から本を借りた」だけでも大きな収穫、とおっしゃっていました。
多読授業をお考えの先生方の参考までに・・・。

続きを読む

国際交流基金のサイトに多読と多読の本作成が取り上げられました!

1月29日、国際交流基金のサイトの「授業のヒント」の中で、多読ための本作りが取り上げられました。
入門・初級レベルのオリジナルの「本」を作ろう、というテーマで、日本語教師のみなさんに本の作り方が解説されています。私たちのサイトもたくさん引用して下さっています。
筆者は、かつて私たちの多読の勉強会に参加して下さった東健太郎先生。
関西国際センターでは月2回、本を読む会を開いていて、大変好評だそうです。

ワードの冊子印刷なども含め、具体的に書いてありますので、どうぞ読んでみてください。
身近な話題、また学生たちが書いたものが本になって、多読環境が整うことを私たちも祈っています。
そして、いい本が完成したら、ぜひご一報を!

国際交流基金 日本語教育通信:授業のヒント 入門・初級レベルのオリジナルの「本」を作ろうhttps://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/teach/tsushin/hint/201601.html

(粟野)