講演

1月15日(日)草加市「なぜ、今多読なのか」講演会 報告

souka-tadoku-1

2017年1月15日(日)、酒井先生をお招きし、草加市勤労福祉会館にて「なぜ、今多読なのか」という標題で講演会を開催いたしました。

souka-tadoku-1

午後1時、第1部がスタートしました。最初は、酒井先生の講演です。
先生のユニークなマウスアートが映し出され、「ひしゃくの水がいっぱいになる話」「ゆるやかな坂を登っていく話」などが説明されました。笑いのあるなごやかな雰囲気の中、多読がどういうものであるか、理解されていったようでした。
また、先生からの「on」は「上」じゃない」「and」は「と」じゃない、などの言葉に驚きながらも、単に「単語の意味」ではなく、その言葉の持つ背景、イメージをも吸収することの大切さを感じられたようでした。
次に「音」に関してのお話がありました。短い英文を例にあげ、実際にはどのように聞こえるのか、酒井先生が実践されると、あまりの速さ、わからなさに、皆さん衝撃を受けたようでした。全員で何度もくり返し言ってみました。大人の方は特に、自分たちが思っていた英語の音との違いがとても印象に残ったようです。

souka-tadoku-2

休憩中も、先生と参加者の皆さんとの間でコミュニケーションがとられ、質問も活発になされました。多読の効果について、さらに理解が深まったと思います。

次は多読体験者による発表です。
小学2年生による読み聞かせ、同じく2年生の音読、6年生による聴き読みが発表されました。先生から、よかった点、今後の学びの方向についてのアドバイスなどコメントをいただき、本人たちも保護者もうれしそうでした。

中学2年生は、塾で英語を学習した体験を通して、今まで多読で学んだ英語との狭間で感じたことを話してくれました。「塾で学んでから、英語を日本語で考えるようになってしまった」という言葉には、参加者たちも関心を示していました。この中学生の保護者の方も、親の立場から考えること、ご自身の多読の様子などをお話されました。

高校1年生は多書についての体験報告をしてくれました。最初はあまり得意ではなかったのに、今ではペンを止めることなく、与えられた10分間でも足りないくらい書き続けるそうです。そして大人の方は、シニア世代になってから多読と出会い、好きな分野を追求しながら多読を楽しんでいる様子をお話されました。

第2部は多読体験会です。
参加者それぞれがORTを手にとり、めがねを探したり、”Oh, no!”のセリフを探したりしながら読書を楽しみました。大人も子供もORTの世界にひきこまれていったようです。
引き続きORTを使って、今度はCDを聞きながらシャドウイングにも挑戦しました。皆さん熱心に、楽しそうな表情で取り組まれました。

時間はあっという間に過ぎ、予定を少しこえて午後4時40分に講演会は終了しました。
回収されたアンケートには、「お話が楽しく、ためになった。ぜひ第2弾を」「学校英語との違いがわかって良かった」「多読、ますます興味がわいた」などのコメントがありました。そして4名の方が「今すぐにでも多読をしたい」ということで、連絡先を教えてくださいました。

草加市に多読を知る人が増えたこと、新たに仲間が増えること、とてもうれしく感じました。
すてきなお話をしていただいた酒井先生、手続き等でお世話になったNPOの皆様、本当にありがとうございました。

(そうかたどくらぶ/李美香子)

墨田区ひきふね図書館「はじめての英語多読入門講座」報告と「英語多読の集い」がはじまります!

hikifune-4

羽田図書館での講演会報告に続き、こちらも遅れての報告です。
昨年末に墨田区ひきふね図書館へ、2回連続の多読入門講座を行ってきました!
なんとこの講座は、募集が始まって数日で満席になったそうです。そんなお話を伺い、ドキドキしながらも、とても楽しみに講座を迎えました。

そしてこの報告の最後には、ひきふね図書館であらたに始まる多読サークルのご案内もありますので、ぜひご覧ください!

続きを読む

11月26日(土) 各務原 “Happy English♪ ~英語を気楽に使いましょう!~” 報告

img_9122

11月26日(土) 各務原中央図書館にて“Happy English♪~英語を気楽に使いましょう!~”をテーマに酒井先生のシャドーイング講座と多読交流会をドッキングしたイベントを行いました。

前半は酒井先生のシャドーイング講座。
開始前から、参加者が続々来場。

先生が多読歴などをお聞きして、参加者とコミュニケーションをとるのはいつもの風景。
13:30、講座開始。「シャドーイングがなぜ必要か?」「なぜ効果があるのか?」というお話を、さまざまなエピソードを交えながら、非常に分かりやすく説明してくださいました。

続きを読む

11月26日(土)にほんご多読支援セミナー@名古屋 報告

nagoya-seminar-2

11月26日土曜日に、アスク出版の主催で「多読支援セミナー@名古屋」がありました。テーマは『多読のススメ』~にほんご多読支援の授業についての情報交換会 ~というものです。講師として会場の愛知国際学院へ伺いました。快晴!名古屋へ向かう新幹線の車窓から、雪を戴いた富士山が、まるで額に入った絵のように見えました。

続きを読む

10月7日(金)浜松国際交流協会主催 日本語学習支援者スキルアップ講座 報告

dsc01430

10月7日(金)に、日本語学習支援者スキルアップ講座 ~日本語教室で実践!『多読』を始めよう! の講師を務めました。
20名ほどのボランティアや日本語学校や高校の先生などが集まってくださいました。

 

今年は、何かと浜松に縁があるようです。
この講座は浜松市外国人学習支援センターで行われました。母体は浜松国際交流協会は通称HICE。多文化共生、国際交流の活動を30年以上にわたって続けてきた団体です。
今回の講座のきっかけは、3月20日に酒井理事長が行った浜松市立中央図書館の英語多読講演会だそうです。担当者がこの講演を聴いて、「日本語でも多読は効果的に違いない」と思い、4月から日本語学習者の授業に「多読」を採り入れたそうです。英語多読から日本語多読につながったうれしい例です。

続きを読む

9月24日(土)米シアトルのワシントン大学で日本語多読ワークショップ!

20160924-1

昨年の南カリフォルニア大学に引き続き、今年もアメリカ西海岸、多読普及行脚に行ってきました!
昨年のワークショップに来られなかったシアトル・ワシントン大学のM先生が、ポートランドの日本語教師会にも声を掛けてくださって、シアトルとポートランド、2箇所でのワークショップが実現したのです。
まず9月24日は、ワシントン大学での日本語多読ワークショップ。スピーカーは、NPO多言語多読からは酒井理事長と粟野、そして夏の支援セミナーでお話ししてくださったノートルダム大学の纐纈(はなぶさ)憲子さんと南カリフォルニア大学の熊谷由香さんでした。

続きを読む