寄贈ORTが羽田図書館と稲城市立中央図書館へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

当NPOに寄贈していただいたOxford Reading Treeが、大田区立羽田図書館と稲城市立中央図書館に並びました!

haneda-1
(大田区立羽田図書館 英語多読コーナー)

inagi-1
(稲城市立中央図書館 英語多読コーナー)

これは、NPOが寄付を募り、集まったORTを図書館に貸し出して、利用者の方に館内閲覧していただこうという図書館多読支援の新プロジェクトです。
羽田図書館と稲城市立中央図書館は、英語多読に力を入れていて、図書館内に多読サークルが立ち上がっているものの、まだ多読図書が十分そろっていないとのことで、ORT貸し出し図書館第1号と2号になりました。図書館のみなさま、きれいにディスプレイしてくださってありがとうございました。

羽田図書館では、2016年12月に理事長が英語多読講演会を行い、その後も正会員の小川和子さんによる英語多読ワークショップが2回開催されました。8月には利用者の方が多読サークル「たどくクラブ羽田」を立ち上げ、以来月2回、図書館の中の部屋を借りて活動しています。ORTは図書館にあるものの、貸出し利用も多く、図書館に常にそろっているという状態ではないそうです。

haneda-2
(1月21日の「たどくクラブ羽田」の活動の様子です。ORTに何か新しい発見があったようです!)

 

稲城市立中央図書館では、昨年7月の理事長による講演会の後、図書館主導で「いなぎ多読らぶ」が発足しました。
現在、毎月第一木曜日の6時半~8時に活動しています。先日、お邪魔しましたが、図書館の司書さんも率先して多読に取り組んでいらっしゃる姿が印象的でした。

いなぎたどくらぶ

 

今後は、「いつ行っても図書館でORTが読める」状態です。利用者のみなさん、ぜひ英語コーナーへ行って、ORTを手にとってください。そして、多読サークルに参加してください。私たちも応援に行きます。

最後に、今一度、寄贈者のみなさんに心より御礼申し上げます!

(事務局 粟野)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る