墨田区立ひきふね図書館「英語多読講座 こどもと一緒に多読を楽しもう」報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

12月10日(日)、墨田区立ひきふね図書館で行われた「英語多読講座 こどもと一緒に多読を楽しもう」の報告です。講師を務めてくださった山谷麻由美さんと一緒にでかけてきました!

IMG_8134

今回の多読講座はタイトルにもある通り「こどもと一緒に楽しむ」がキーワードになっています。山谷さんはNPO英語多読講座の講師も務め、その中でいつも読み聞かせをしてくれます。特別セミナー「英語絵本読み聞かせワークショップ」では講師の一人でもあります。そんなことからもぴったりの案内役でした。

さっそく開始前から少しずつ参加者のみなさんが集まります。お声がけをしてみると、すでに多読を楽しまれている方もいましたが、大半が多読を知らない方たちでした。そこで、まずは多読についてお話ししました。やさしいもの、大好きなものに楽しく、たくさん触れること、そして絵を読むことが大切だという話があり、Oxford Reading Tree (ORT)から2作品をみんなで一緒に体験しました。

Oxford Reading Tree: Level 1: Wordless Stories A: At School Oxford Reading Tree: Level 4: More Stories A: Nobody Got Wet

多読を体験してもらった後は「こどもと一緒に楽しむ」ことへと話は進みます。一緒に楽しむということは、英語がわかるようになってほしいという親の期待でレールを敷いたり気持ちを押し付けることではなく、物語をこどもと一緒に楽しむことが大事だということが強調されました。

休憩をはさんだ後は、みんなで Eric Carleの “From Head to Toe” でちょっと身体をほぐし、山谷さんの “Have You Seen My Duckling?” の読み聞かせで気持ちをほぐしました。そして、体験を中心とした後半へ。

From Head to ToeHave You Seen My Duckling?

読み聞かせするときは絵をよく見てもらう、読みながら文章を指ささないなど、聞き手を楽しませる工夫をいくつか教えてもらった後は、みなさんに図書館蔵書の ORT を手にとってもらいました。

IMG_8142

みなさんのテーブルをまわり質問にお答えしたり、やってみたいには各テーブルで読み聞かせをしてもらいました。絵を楽しむこと、楽しみを共有するということが実感できるとても和やかな時間になりました。

こうしてあっという間に時間が経ち、講座は終了しました。
終了後も片付けなどの時間を使ってそれぞれの質問を受けたり、中には声をかけあってひきふね図書館にある多読図書があるコーナーへ向かう方たちもいました。
今日をきっかけに多読を楽しんでもらえたらうれしいです。

(当日スタッフ/大賀)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る