9月3日(日)塩尻市立図書館講演「楽しい英語多読をはじめよう!」報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

9月3日(日)に行われた塩尻市立図書館の酒井理事長の講演「楽しい英語多読をはじめよう!」には、参加者が定員40名をを超える49名が集まりました。

塩尻市立図書館は、吹き抜けがあり、とても明るくきれいな図書館です。講演会を行った市民交流センター(えんぱーく)の多目的ホールも、音響や照明設備の整ったおしゃれなホールでした。

siojiri-1

なごやかな雰囲気のなか、いつもの、なぜこれまで英語ができなかったかという話がはじまり、量と質の不足の問題から多読の方法へと話が進み、理事長の話も盛り上がりました。多読についての話の後は、実際に参加者にOxford Reading Tree を手に取っていただき、絵に浸ってもらいました。

siojiri-3

質問の時間には、「子どもに多読を始めたいが、中学生になった時にどうしたらよいか」「最近、子どもが英語キライ!と言うようになりどうしたら良いか」などが、出されました。講演後のアンケートには以下のような意見が並んだそうです。

  • とても楽しく聞かせていただきました。英語は苦手でキライでしたが、絵本からなら始めていけるかなと思います。私にも読める本がありました。それがうれしかったです。
  • 先生のお話、とてもおもしろかったです。絵本の多読さっそくはじめようと思います。目からうろこのお話に子供に帰ったような思いで聞いていました。本当にありがとうございました。

実は、塩尻市には、すでに信州タドキスト倶楽部があり、講演会の中でも紹介されていました。
西側?との交流もあり、これからの歩みが、とても楽しみな塩尻市図書館です。
(米澤)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る