4月24日(日) 第17回「ゼロから始める英語多読無料体験講座」報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!
先日、ゼロから始める無料体験講座を行いました。
講師は土曜銅座を担当している繁村さん。
小学生のお子さんから年配の方まで、8名の参加がありました。

まず、自己紹介。みなさん、それぞれ「英語をなんとかしたい」「どうしても読みたいペーパーバックがある」など目的を語ってくれました。

繁村講師からは、「自分がいかに英語と相性が悪かったか」「どれだけ様々な英語学習法に手を出したか」という話のあと、多読との出逢い、その後仕事でどのように英語を使ったかが語られました。

会の後半は「多読三原則」(辞書は使わない、わからない語は飛ばす、自分に合わない本は投げる)を使って実際にやさしい絵本を読む体験会です。
Oxford Reading Treeシリーズの、ほとんど文字の少ない絵本を楽しんでもらいました。
どうしても文字を読んでしまうという声もあり、講師から「絵本は絵を読むことが大切」という話がありました。

その後、受講者から
楽しかった本は何度でも読んでよいか(語数にカウントしてもよいか)
多読をして会話ができるようになるのはなぜか
などの質問がなされました。

好きな本を何度も読むのはお勧め、ただしノルマにはしないこと。
多読というよりTADOKU的手法で、多聴、多観、(朗読やドラマ、映画などの鑑賞)、シャドーイング、フリーライティング、また講座ではブックトークや読み聞かせ、読書相談など英語を使う機会もあることが説明されました。

終わったあとも熱心に講師に質問する受講者の方も多く、楽しく時間が過ぎていきました。
参加してくださったみなさん、体験談を語ってくださったKさん、ありがとうございました。

体験講座は定期的に開催する予定です。
多読を始めてみたい方、始めたけれどこれで良いのか迷っている方、どなたでも気軽にお越し下さい。

(山谷 麻由美)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

多読講座 受講生募集中!――「読む」から「聞く・話す・書く」へ!

多読講座では「読む」ことだけでなく、聞き読み、シャドーイング、ブックトーク、読み聞かせ、字幕なし多観などを通して、「聞く・話す・書く」へと無理なくつながるよう支援します。

  • 映画を字幕無しで観たい

  • 東京オリンピックでガイドをしたい

  • 海外の人とメールでやりとりしたい

  • 翻訳に挑戦したい

講座生が伸びていきたい方向は様々です。経験豊富な講師がそれぞれの目指す方向へ TADOKU を支援し、講座生同士の交流があなたの TADOKU をより幅の広いものにします。まずは無料体験に申し込んで、「読む」だけではない TADOKU を体験してください!

無料体験を申し込む