2014年10月5日(日)北海道オホーツク大空町・酒井邦秀多読ワークショップ開催への道のり(5)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

北海道オホーツク大空町・酒井邦秀多読ワークショップ開催への道のりの続きです。今まで1度も自治体へ補助金の申請を行ったことのない当NPO会員の方による体験記です。

「自分たちの地域でもワークショップ・講演会を!」と思っている方がいましたら、ぜひ参考にしてください。そしてこちらでお手伝いできることがありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
過去の投稿はこちらからまとめて読むことができます。

この報告は当NPOが運営する「多読フォーラム」に先行投稿されており、それを少しだけ編集して紹介しています。原文や、続きが気になる方は多読フォーラムをご覧ください。一連の投稿は「おりひめ」という名前で投稿されています。

**************************************

Re: 【お知らせ】10月5日(日)酒井先生多読ワークショップ 北海道オホーツク大空町
by おりひめ » 2014年8月21日(木) 00:55

皆様

この夏の本州は暑さも厳しく、局地豪雨が頻発しているようで、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?

オホーツク地方では小中高校の夏休みも終了して、いわし雲が漂い、秋が始まっています。

「酒井先生多読ワークショップ@大空町」レポ(?)ですが、今回のテーマである自治体との交渉、補助金申請、受領までの道は予想以上にスムーズに進行しました。

繰り返すと

1)仲間を募って「実行委員会」を作り申請。
2)「実行委員会」には「規約」を作る。この「規約」は、「書類第一」の役場との交渉でかなり大きな力になる。(あ、入金用の通帳作りの際も「規約」がないと作れません。)

これが大事なポイントです。もし、皆さんの地方で似たようなワークショップを企画なさっている場合、まず大事なのは賛同してくれる「仲間」を作ることだと思います。オホーツクのケースは、その母体となる「多読愛好グループ」があったことがいろいろな意味で物事をスムーズに動かしています。

その「仲間」の活躍がいよいよはじまる「告知編」スタートです!

*******

いろいろな申請業務が順調にすすんだところで、次は「集客」のための「告知」活動に準備の焦点が移りました。

7月某日。「オホーツク英語多読を楽しむ会」のメンバーのうち、参加できる人に声をかけて、「作戦会議」第一弾。 北見市内某所。

告知の方法としては、思いつくまま

1)主要な場所にポスター掲示
2)ネットでの告知(Facebook twitter)
3)口コミ(手渡し用のチラシ必要)
4)教育関係に直接連絡(送付用のチラシ必要)
5)フリーペーパー・新聞などに記事掲載依頼

があがりました。私としては「口コミ」がなんといっても強い!なぜなら「多読を楽しんでいる人たち自身の言葉」でよさを伝えたらそれでいいのではないか?と思っています。

まあ、とはいえ、誘う場合にも「チラシ」があるとないとでは、イメージも変わってくるので、とにかく「チラシ・ポスター」を作ろう!という作戦会議。

メインの絵は、メンバー内で以前からかわいいイラストを披露してくれていたAさんを「画伯!」と奉り(?)お願いしました。フルタイムでのお仕事の合間を縫ってかいてくれたのがあのかわいいイラスト♪

キャッチコピーや、レイアウトに関しては、たまたま「人を集める!チラシテクニック!」みたいなハウツー本を図書館で見つけたのでそれを参考に。それを読むと「とにかくキャッチーな言葉」「対象となる人の立場で」などと書いてあったので、、、、

「英語業界の風雲児!」
「絶対分かる英語!」
「キレッキレッの英語力!」
「やさしすぎる英語学習法!」

などを思いついていたのですが、メンバーに披露したところ、、、

「おりひめさん、、、なんだか中小企業のシャチョーさんみたいです、、、」と、やんわりと却下され :sweatdrop: 、ああだこーだ、みなさんの英語多読経験について語った上で、

「やさしい絵本で使える英語」

となりました。こういうアイディアも、やはり「仲間」がいてわいわいやるなかで生まれるし、みんなでやっていると大変な作業もどんどん楽しくなりますよ~ :tongue:

そして、チラシ・ポスターも完成し、Facebookページも完成し、少しずつ告知をはじめたところです。

現在までのところ約30名の申し込みあり。興味のある方は「オホーツク英語多読を楽しむ会」Facebookページもごらんくださいね。

to be continued…..

「やさしい絵本からやさしい英会話へ」
★絵本を使った英語学習ワークショップ★
日 時: 2014年10月5日(日) 13:30~16:00
参加費: 1,000円(高校生以下:無料)
場 所: 北海道網走郡大空町女満別研修会館大会議室
対 象: 英語に興味がある一般 (小学生以上)(託児については応相談・調整中)
内 容: 絵本をスタートとした英語多読についての紹介と、体験ワークショップ
主 催:オホーツク英語多読を楽しむ会 (「大空町元気づくり応援事業」補助対象事業)
お申込&連絡先: bigskytadoku2014★gmail.com (★を@に変えてください)
twitterアカウント @okhotsktadoku
facebookページ オホーツク英語多読を楽しむ会

**************************************

キャッチコピーって下手に考え出すと余計に浮かばなくなりそうなのに、オホーツク英語多読を楽しむ会のみなさんすごい!「やさしい絵本で使える英語」ってすごくピッタリだと思いました!!
なにしろ酒井理事長の最初の本は「どうして英語が使えない?」(ちくま学芸文庫)で、そこから約18年経ち、今の講座の様子を思うと、まさに「やさしい絵本で使える英語」です!!

オホーツクのみなさん、講演会&ワークショップをどうぞお楽しみに!

報告を読んでくださっているみなさん、次回もお楽しみに!(大賀)